ストップ、漏洩! Chromeの拡張機能がパスワード漏れをお知らせ

cafeglobe / 2019年3月19日 5時15分

Webブラウザの「Chrome」でGoogleを利用している人に、ぜひチェックしてみてもらいたい機能が、GIZMODO JAPANで紹介されています。

それは、パスワードの安全性を確認する2つの拡張機能。

20190306_chrome_1

漏洩していないか、を探る

1つは、パスワードが第三者に漏洩していないかを調べる「Password Checkup」。ユーザー名とパスワードの組み合わせが、Googleが用意した40億以上の候補に当てはまり、漏洩していると判断されれば、パスワードを変えるよう警告してくれます。

ユーザーの危険を、開発者とシェア

またもう1つは「Cross Account Protection」。Googleアカウントでサインインしたアプリを保護するもので、もしもユーザーのアカウントがハッキングされた場合、ログインしたアプリとウェブサイトに情報が送られ、アカウントが乗っ取られたのか、疑わしい活動のためにログインを強制されたのかなど、基本的な情報のみを開発者に共有するのです。

これらの拡張機能は、スタンフォード大学の暗号研究者とともに開発されたのだそう。ハッシュ関数などいくつものテクニックを駆使し、パスワードの匿名性を保持します。

20190306_chrome_2

わたしたちユーザーのログイン情報を安全に保つのをサポートしてくれる新機能。とはいえ、機能にお任せするのではなく、ハッキングされにくそうなパスワードを設定する、あるいは二段階認証を有効にするなど、ユーザー側の予防策は継続を。

[GIZMODO JAPAN, Google, Password Checkup, Google Security Blog]Image via Google, Shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング