アクセサリーやスイーツなど、20店舗が一堂に/ちょっと素敵な未来について考える「街角のソーシャルグッド展」9月21日・22日に開催決定!

cafeglobe / 2019年8月2日 18時15分

SDGs&Me_top1

SDGsをもっと身近に。

9月の最終週は、SDGsウィーク! これに合わせて、MASHING UPは青山ファーマーズマーケットとコラボし、2日間限定のフェスティバルを開催します。

イベントのテーマは「みんなとわたしにちょっといいもの。街角のソーシャルグッド展 - SDGs &Me -」。

100%フェアトレードのチョコレート、端材でつくられたカッティングボード、アフリカの女性が手がける色とりどりのバッグ……。

毎日の生活の中で口にするもの、身につけるもの、使うものなど、選りすぐりの「みんなとわたしにちょっといいもの」=ソーシャルグッドなアイテムを、みなさまにお届けします。

お気に入りの一品が、ソーシャルグッドにつながっているかも

Farmer's Market 掘り出し物はあるかな? お気に入りの一品を求めて、歩いて回るだけで心が躍る。

2日間のイベントでは、約20組の生産者やブランドが、ブースを出店。

出店者情報《屋外エリア》 アパレル雑貨やアクセサリー、雑誌など《屋内エリア》スムージーやスイーツなどのフード系

お気に入りの一品に出会ったら、背景にあるストーリーに、ぜひ思いを巡らせてみて。会場では、商品を購入する際、なるべくプラスチックを使わないためのしかけづくりも用意します。

また、両日とも、SDGsを身近に感じてもらえる4つの体験型ワークショップを予定しています。

ワークショップ情報はこちら・9月21日(土)12:00〜/15:00〜 (90分)・9月21日(土)14:00〜14:40 (40分)・9月22日(日)12:00〜/15:00〜 (45分)・9月22日(日)13:30〜 (60分)【満員御礼】

毎日の選択が、ちょっと素敵な未来を運んでくる

MASHING UPは、「女性からはじまるダイバーシティ」をコンセプトに、メディアやカンファレンス、イベントなどを通し、「知らないを知って、視点を変える」きっかけを発信してきました。わたしたちのプロジェクトは、SDGsが掲げる17のゴールのうち、「5番:ジェンダー平等」をはじめ、「8番:働きがいも経済成長も」「10番:人や国の不平等をなくそう」などさまざまなゴールとかかわっています。

SDGsは、遠い世界の話ではなく、毎日のわたしたちの選択ひとつひとつとつながっている。そんなことをもっと広めていきたいという思いから、MASHING UPは6月からSDGsに関連するコラム連載をスタートさせ、また今回のイベントを企画するにいたりました。

のぞいて回るだけでも楽しくて、ソーシャルグッドなアクションが身近になるイベント。皆さま、9月21日・22日はお気軽に青山まで足をお運びください。

みんなとわたしにちょっといいもの。街角のソーシャルグッド展 - SDGs&Me -

日時:2019年9月21日(土)・22日(日)10:00〜17:00
場所:青山・国際連合大学前広場
    (東京都渋谷区神宮前5丁目53−70 青山ファーマーズマーケット内)
最寄り駅:表参道駅 徒歩5分 /渋谷駅 徒歩8分
入場:無料(ワークショップは別途有料)
主催:MASHING UP
共同開催:青山ファーマーズマーケット
後援:国際連合大学
アソシエーションパートナー:SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019
※詳細は順次紹介していきます。

SDGs_2 会期中、アップサイクルやフードロスをテーマにしたワークショップが目白押し。

※写真はイメージです。
写真提供/NPO Farmer’s Market Association、ファーメンステーション、Carton

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング