【年代別】味の素の新卒初任給と年収予測を一挙紹介!

キャリマガ / 2019年9月17日 11時0分

写真

企業を選ぶ際に、気になるのが給与や待遇です。でも、重要なのは新卒1年目の給与だけではなく、数年後・数十年後に実際いくらもらえるのかということ。ここでは味の素の年収予測や、給与以外にも気になる待遇をご紹介します。

味の素の初任給

味の素は、『味の素』『クックドゥ』『クノールカップスープ』などを展開する、調味料分野の国内最大手メーカーです。アミノ酸の技術を活かして、飼料・医薬などの領域にも進出しています。近年は海外事業が好調で、家庭用食品のシェアを世界中で拡大。M&Aにも積極的に取り組んでいます。
そんな味の素の初任給はどのくらいなのでしょうか。

味の素の初任給

・学部卒 月給23.4万円、予測年収366万円
・修士卒 月給24.6万円、予測年収383万円
・博士卒 月給29.5万円、予測年収460万円

※年収は月額基本給12ヵ月分、ボーナスの半額(企業平均7.3ヵ月分『就職四季報・総合版 2020年版』より)を内訳とする
※残業代、各種手当(住宅手当、通勤手当等)は計算外とする

新卒1年目の予想年収は学部卒366万円、修士卒383万円、博士卒460万円となりました。1年目の場合、一般的には夏のボーナス査定期間内に在籍していないため、冬の1回のみとして算出した数字になっています。

▽味の素の新卒採用はどんな感じ?クチコミをチェック!
味の素の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)

味の素の予測年収【20代】

では、入社数年後の年収はどう変化するのでしょうか。役職の有無、社員個々人の能力や会社全体の業績によって代わりますが、企業の公開データをもとに、いくつかのモデル年収をご紹介します。

◎24歳
・予測月給24.6万円、予測年収474万円
※残業代、各種手当(通勤手当等)は計算外

◎27歳
・予測月給30.7万円、予測年収592万円
※各種手当(通勤手当等)は計算外

※年収の内訳は月額給与12ヵ月分とボーナス(企業平均7.3ヵ月分『就職四季報・総合版 2020年版』より)とする
※24歳の月額給与は修士卒の基本給と同等と仮定し算出
※27歳の月額給与・年収は企業全体の平均年収43歳/945万円『就職四季報・総合版 2020年版』を厚生労働省『平成30年 賃金構造基本統計調査』の大手企業の年齢別賃金平均と掛け合わせて、年齢別年収を独自算出
※独自算出の計算式
・(平均年収945万円)÷(19.3ヵ月)=43歳時の想定月額給与48.9万円
・((40-44歳大手平均月額給与40.8万円 -35-39歳大手平均月額給与36.6万円)÷5)+40.8万円=43歳時の大手想定月額給与41.6万円
・(48.9万円)÷(43歳時の大手平均月額給与41.6万円)=大手平均より味の素の年収は1.17倍高いと仮定する
・(25-29歳の大手平均月額給与26.3万円)×1.17=27歳時の想定月額給与30.7万円

味の素の予測年収【30代以降】

では、中堅社員となる30代・40代になると、年収はどう変化するのでしょうか。いくつかのモデル年収をご紹介します。

◎32歳
・予測月給37.3万円、予測年収719万円
※各種手当(住宅手当、通勤手当等)は計算外

◎37歳
・予測月給42.8万円、予測年収826万円
※各種手当(住宅手当、通勤手当等)は計算外

◎43歳
・予測月給48.9万円、予測年収945万円
※各種手当(住宅手当、通勤手当等)は計算外

※年収の内訳は月額給与12ヵ月分とボーナス(企業平均7.3ヵ月分『就職四季報・総合版 2020年版』より)とする
※月額給与・年収は企業全体の平均年収43歳/945万円『就職四季報・総合版 2020年版』を厚生労働
省『平成30年 賃金構造基本統計調査』の大手企業の年齢別賃金平均と掛け合わせて、年齢別年収を独自算出

味の素の特徴は、基本給に加えてボーナスも高いこと。ボーナスは7ヵ月を超える年も多く、年収を押し上げています。

味の素の魅力的な福利厚生や制度

年収に加え、チェックしたいのが待遇や福利厚生です。味の素の福利厚生や制度を一部ご紹介します。

住宅関連費:社宅、住宅財形制度

味の素には社宅制度があります。家賃は給与の1/3ほどを占めることもある大きな出費ですので、この固定費を抑えられるのは大きなメリットと言えるでしょう。

休暇関連制度

年次有給休暇に加え、有休積立制度、特別休暇、ワークバランス休暇、リフレッシュ休暇、ボランティア休暇、育児休職、看護休職などがあります。また、各種保養施設とも法人契約をしているので、休暇中は宿泊代を抑え旅行をすることも可能でしょう。

また味の素が積極的に進めているのが「働き方改革」です。2017年より午前8時15分始業、午後4時30分終業の7時間15分勤務を導入し、残業を含めた総労働時間は15年度の1947時間から18年度には約1800時間に短縮しました。また、軽量のモバイルPCでテレワークができる「どこでもオフィス」も整備。時短勤務を取らなくても保育園の送り迎えができるなど、育児との両立がしやすいと社員からの評価を得ています。

味の素ではどのような人材が評価されるか

調味料領域での日本トップシェアのみならず、いまや世界中の家庭に食品を届けている味の素。アミノ酸を軸とした独自の先端バイオ・ファイン技術で飼料や医薬品などの異分野にも取り組んでおり、常に新しいことに挑戦する人材が求められています。

採用ホームページでは、求める人物像について以下のように触れられています。

「味の素グループWay」
・新しい価値の創造Create New Value
・開拓者精神Pioneer Spirit
・社会への貢献Social Contribution
・人を大切にするValue People

一人ひとりが強い「意志」を持ち、私たちだからできることに、私たちなりのやりかたで挑戦を続けているからこそ、「情熱」が育まれます。
そして、多様性(ダイバーシティ)を重視し、様々な強みを持った人材が互いに尊重して高め合い(Value People)、最大限の力を発揮するのが“チーム味の素”です。

 引用:https://www.ajinomoto.com/jp/recruit/fresh/message_hrg.html2019.07.24

また、働き方改革など仕事の質を高め続けることを求められる組織です。常に成長し続けたいという方に向いている職場ではないでしょうか。

味の素の予測年収を志望企業の検討材料に

月額給与の7ヵ月分が出るボーナスなど、高年収が期待できる味の素。テレワークや時短労働への取り組みも盛んで、趣味や家庭、育児との両立が図りやすい「働きやすさ」も魅力のひとつと言えるでしょう。年代ごとの予測年収や各種制度を検討材料に、結婚や出産、介護などを含めた長期的な視点で企業選びをしてはいかがでしょうか。

参考

[1]IR情報 | 味の素グループ
[2]https://www.ajinomoto.com/jp/ir/
[3]2019.07.24

[1]味の素(株)【2802】:企業情報・会社概要・決算情報 - Yahoo!ファイナンス
[2]https://profile.yahoo.co.jp/fundamental/2802
[3]2019.07.24

[1]~味の素流「働き方改革」~働きがいと生産性向上への取り組み
[2]http://teleworkkakudai.jp/seminar/2018/pdf/tokyo/fujie.pdf
[3]2019.07.24

関連リンク

味の素の新卒採用・就活情報 - みん就(みんなの就職活動日記)

著者:おくいはつね

2006年より人材系企業にて、中途採用営業、営業支援、新規事業を経験。その後、東証一部上場企業などの採用コンサルティングや組織開発、研修プログラム開発、新卒採用ツール企画制作などに携わる。慶應大学などの教育機関でキャリア開発ワークショップを実施。また人材育成領域の事業立ち上げやマーケティングも行っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング