岡田准一の“妄想”いっぱい!理想のマイホームとは?「TOKIOカケル」

CinemaCafe.net / 2017年8月23日 13時35分

「TOKIOカケル」ロゴ(C)フジテレビ

城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也の「TOKIO」メンバー5人がゲストとトークを繰り広げる「TOKIOカケル」。その8月23日(水)の放送回に、映画『関ヶ原』で主演を務める「V6」岡田准一が3か月ぶりに出演、今回は“初めし”企画で盛り上がる。

1995年、ジャニーズ事務所入所わずか3か月後に「V6」としてメジャーデビューを果たし、グループとしての活動と並行してドラマなどへも出演していた岡田さん。2002年に放送されたドラマ「木更津キャッツアイ」で田渕公平役を演じ主演、同作がその後映画化されるなど大ヒットしたことで一躍俳優として注目を集めるように。その後2007年から放送が開始された「SP 警視庁警備部警護課第四係」も大ヒットシリーズとなり、同シリーズでは鍛え上げられた肉体を駆使したアクションをみせるなど、大人の俳優へ脱皮。

近年は2012年の『天地明察』、2013年の『図書館戦争』シリーズと『永遠の0』、2014年には大河ドラマ「軍師官兵衛」、昨年2016年は『エヴェレスト 神々の山嶺』『海賊とよばれた男』の2作で主演。重厚な演技派俳優としていまや日本映画界に欠かせない俳優へと成長を遂げた。

今回「TOKIO」の5人が岡田さんを迎えて行う企画は、ゲストが人生の中でまだ一度も食べたことがないという料理に挑戦し、大好物ベスト10入りするのかを評価する「初めし」。岡田がいままで食べたことのないという料理とは?

また今回は予算や現実を気にせず岡田さんが妄想する理想のマイホームを、プロの建築家に設計してもらう「芸能人専門 妄想マイホーム」という企画も。岡田さんのこだわりまくったマイホームと、本人も驚いたその建設費もお見逃しなく。

そんな岡田さんの主演最新作となる映画『関ヶ原』は歴史小説界の巨匠・司馬遼太郎による原作をベースに、『突入せよ! あさま山荘事件』や『魍魎の匣』、『駆込み女と駆出し男』などで知られ『日本のいちばん長い日』では第39回日本アカデミー賞優秀作品賞、及び優秀監督賞を受賞した巨匠・原田眞人監督がメガホンを取って、日本映画で初めて“関ケ原の戦い”を描いた作品となる。

本作では岡田さんが石田三成役で主演するほか、三成の右腕である島左近を平岳大、豊臣秀吉役を滝藤賢一、左近の妻として関ヶ原の合戦に挑む花野を中越典子が演じ、さらに役所広司、有村架純、東出昌大、松山ケンイチ、北村有起哉、和田正人といった豪華キャストも参加する。

『関ヶ原』は8月26日(土)より全国にて公開。

「TOKIOカケル」は8月23日(水)23時~フジテレビ系で放送。

CinemaCafe.net

トピックスRSS

ランキング