「1D」ルイ・トムリンソンの18歳の妹が急逝

CinemaCafe.net / 2019年3月15日 14時15分

ルイ・トムリンソン-(C)Getty Images

「ワン・ダイレクション」のルイ・トムリンソンの妹フェリシティ(愛称フィジー)が亡くなった。「E!News」など複数のメディアは、死因を心臓発作の疑いと伝えている。水曜日(現地時間)、ロンドンのフィジーのマンションに救急車の要請があり駆け付けたが、その場で死亡が確認されたという。救急隊により警察も呼ばれたといい、今後検視が行われる。

18歳のフィジーはモデル&インフルエンサーとして活動しており、インスタグラムにはフォロワーが138万人。昨年、ファンに向けて自身の愛称を冠したファッションブランドを立ち上げる予定を明らかにし、ますますの活躍が期待されていた。

最後の投稿は5日前。床の上に座って撮ったセルフィーに「どうしてこんなにショックを受けているように見えるのか、わからない」という意味深なキャプションを添え、ファンから心配の声も。


ルイは2016年12月に母ジョアンナを白血病で亡くし、今月7日にジョアンナへの思いを込めた新曲「Two of Us」を発表したばかり。ルイはフィジーの死後、SNSを更新していないが、それぞれの最新投稿にファンからお悔やみメッセージが寄せられている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング