レディー・ガガ&エズラ・ミラーら参加!「メットガラ」例年よりさらに奇抜なファッションが話題に

CinemaCafe.net / 2019年5月7日 13時40分

エズラ・ミラー&レディー・ガガ&ジャレッド・レト &ビリー・ポーター (C) Getty Images

今年もファッションの祭典「メットガラ」がニューヨークのメトロポリタン美術館で開幕した。今年のテーマは1964年にスーザン・ソンタグが発表したエッセイ「キャンプについてのノート」から「キャンプ」を取り上げた。「VOGUE」誌によれば、その「キャンプ」とは、「巧妙さや誇張といった、不自然なものへの愛」などを意味するという。

まさにこれを得意とするのがレディー・ガガ。「ブランドンマックスウェル(Brandon Maxwell)」のデザインによる、ショッキングピンクのパラシュート級のボリュームドレスでレッドカーペットを歩いたガガは、徐々にドレスを脱ぎ落し、4スタイルを披露した。最後はラインストーンを散りばめた黒い下着と網タイツ姿に。


ジャレッド・レトは「グッチ(GUCCI)」の赤いガウンに身を包み、クラッチバッグのごとく自分の生首を小脇に抱えて登場し、驚かせた。「GUCCI」は「Fall/Winter 2018」のショーでモデルにも生首を持たせてランウェイを歩かせている。


「Burberry(バーバリー)」のアシンメトリーのスーツを着用したエズラ・ミラーは、顔にリアルな5つの瞳と眉毛をペイント。棒の先に顔型のマスクをつけたアクセサリーを持ち歩いていた。


ハリー・スタイルズは腰から上と袖がシアーで胸やタトゥーが透けて見える「グッチ(GUCCI)」のシャツが話題に。右耳にだけ揺れているパールのピアスにも注目が集まった。


今年のアカデミー賞で「タキシードドレス」を着て絶賛されたミュージカル俳優のビリー・ポーターは、全てが金色の「太陽神」となって現れた。レッドカーペットでは筋骨隆々で上半身裸の男性たちに輿(こし)で担がれ、降臨すると翼を広げて写真撮影に応じた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング