郷ひろみ、“戦隊ヒーロー”で「世にも奇妙な物語」初主演!上白石萌音が娘役

CinemaCafe.net / 2019年5月7日 16時0分

「世にも奇妙な物語 ’19雨の特別編」永遠のヒーロー (C)フジテレビ

6月8日(土)に放送される「世にも奇妙な物語 ’19雨の特別編」で、郷ひろみがオリジナル作品「永遠のヒーロー」の主演を務めることに。デビュー47年目にして同作初主演で“戦隊ヒーロー”に扮し、上白石萌音が娘役を演じることが分かった。

本作の舞台は、科学の進歩により、人体の能力を最大限まで引き出す改造人間技術が発達した世界。その技術を悪用する怪人が現れ、市民の生活と安全を脅かすようになっていた。この緊急事態に、日本政府は警察庁内に外部機関として怪人対策室を設置。最新科学技術を駆使したヒーロースーツを開発し、怪人たちに対応している。


中でも怪人検挙数トップを誇り、活躍しているのが“レッドライガー”こと怪人対策室警部・大場博人(郷ひろみ)。様々な怪人たちを撃退し、世界の平和を守る日々。だが、仕事が忙しすぎて、世界で一番大事な娘・亜希(上白石萌音)となかなか会えず、テレビ電話で会話することだけが毎日の息抜きとなっていた。


来年こそ、定年を期に娘とゆっくり暮らせると思っていたが、怪人・マスターカイザーから世界を揺るがすテロ予告が届き…。


1972年にデビューした郷さんは、当時から爆発的人気を誇り、「お嫁サンバ」「GOLDFINGER’99」などのアップなナンバーから「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」「言えないよ」などのバラードまで幅広い数々のヒット曲を送り出し、社会現状を巻き起こしてきた日本を代表するポップスシンガー。ドラマや映画にも積極的に挑戦してきており、ドラマ出演は本作で38作目になる。


フジテレビドラマ出演は1992年(「愛する時と裁く時」主演)以来、実に27年ぶり。とはいえ、「そういった感覚はありません。何年経とうが、こうして自分にお声がけをしてもらったこと自体、感謝しているし、その皆さんの思いに応えたいと思っています」と意気込み十分のコメント。

また、これまでステージの上では様々なものに“変身”してきた郷さんだが、戦隊ヒーローへの変身は自身初。「変身する役なんてなかなかできる役柄じゃないので、おもしろそうだなとずっとやってみたかった」そうで、もともと戦隊ヒーローに憧れがあったという。

「まさか自分がこの年代でこのような役をやるとは思っていませんでしたが、それはそれでとても楽しみです」とヒーロー役を楽しみにしている様子の郷さん。変身後の自身の姿には、「申し分ないです。僕以上のデキだと思います(笑)。大満足です!」と太鼓判をおした。


また、娘・大場亜希を演じる上白石さんは、第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞してデビュー。『舞妓はレディ』で映画初主演し、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。ヒロインの声をつとめた『君の名は。』は国内歴代興行収入4位となる250億円超の大ヒットを記録したほか、歌手活動や舞台、ミュージカルなどにも積極的に挑戦している。

「郷ひろみさんとご一緒させていただけるなんて本当に光栄なことで、今となっては幻のように貴重な撮影期間でした」と上白石さん。「郷さんは、国民的スターでいらっしゃるにも関わらずとてもフランクな方で、その紳士的なお心配りに感激しておりました」と撮影をふり返る。


さらに作品については「今の時代ならではの、不思議でありながら妙に現実味を帯びているストーリー」とコメント。デビュー47年、“戦隊ヒーロー”に挑戦した郷さんと上白石がどのような化学反応を見せるか、期待していて。


「世にも奇妙な物語 ’19雨の特別編」は6月8日(土)21時~フジテレビ系にて放送。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング