『キャプテン・マーベル』8分超え本編映像!ブリーvsジュードの格闘シーンに注目

CinemaCafe.net / 2019年6月5日 13時0分

『キャプテン・マーベル』MovieNEX (C)2019 MARVEL

“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”の最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』が6月1日(土)時点で早くも国内興行収入57億円&動員390万人を突破し、全世界歴代興収1位『アバター』にも着々と迫っている。そんな世界が注目する作品のキーパーソンとしても話題沸騰の新たな女性ヒーローの活躍を描いた『キャプテン・マーベル』が、本日6月5日(水)より先行デジタル配信開始。それを記念して本編冒頭から8分を超えるプレビュー映像が解禁された。



今回の映像では、事故で失った記憶の代償として強大な力を得た主人公“ヴァース”が、事故の記憶の断片を夢に見ては、うなされる日々を過ごしているシーンからスタート。ヴァースは事故の原因がクリーの宿敵であるスクラル人であると考え、打倒スクラル人を胸に特殊部隊スターフォースに所属した矢先、スクラル人が侵略したという星にいる諜報員を救う任務に参加することに。


果たして彼女は記憶を取り戻し、この戦いを終わらせることができるのか? そして、最後につかむ“衝撃の真実”とは…? 気になる続きはぜひ本編でチェックして。


映像のハイライトは、ブリー・ラーソン演じるヴァースとジュード・ロウ演じる上官ヨン・ロッグが組手をするバトルシーン! 監督を務めたアンナ・ボーデンとライアン・フレックはこのシーンの撮影について、ブリーとジュードの2人が何日もかけて訓練し、アクションはほぼ彼ら自身でやっていたとMovieNEXの音声解説で明かしている。

さらに、ファイト・コーディネーター曰く、「ジュード・ロウが初日にブリー・ラーソンのアクションを見て『負けてられない』と思い、2人に本当のライバル意識が芽生えていた」とか。実力派俳優たちが魅せる本格アクションにも注目。


亡きスタン・リーを偲んだオープニングロゴが胸熱
また、マーベル・スタジオ作品ではお馴染みのオープニングで登場するマーベルロゴが、本作だけの特別仕様になっているところも見逃せない。昨年に惜しまれながらこの世を去ったアメコミ界のレジェンド、スタン・リーの登場シーンを集めた追悼を意図した仕様になっており、ロゴのあとには「THANK YOU STAN」の文字が。

監督たちは本作の編集中に彼が亡くなったことを明かしており、悲しみに打ちひしがれているところにマーベル社からこのオープニングロゴが届き、感動したと話している。もちろん本作にもカメオ出演を果たしているスタン・リー。先行デジタル配信で、その姿も探してみてほしい。


『キャプテン・マーベル』MovieNEX(4,200円+税)は7月3日(水)リリース、先行デジタル配信中。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング