長澤まさみ、見事“だました”!? 『コンフィデンスマンJP』映画第2弾製作決定!

CinemaCafe.net / 2019年6月6日 19時48分

『コンフィデンスマンJP』の第2弾製作が決定! 長澤まさみ

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が“信用詐欺師”に扮する人気テレビドラマを映画化した『コンフィデンスマンJP』の第2弾製作が決定! 6月6日(木)、都内で行われた大ヒット御礼舞台挨拶の場で、長澤さんからサプライズ発表された。

■長澤さん、次回チャレンジしたいのは「男装」
当初、欠席と伝えられていた長澤さんの登壇に、駆けつけたファンは大喜び! さらに「今日は言わなきゃいけないことがあって来たんですよ!(映画の)続編が決定しました!」と発表すると、客席から大歓声をあげていた。


「もうとってもうれしかったです。この作品に満足してくれる人がたくさんいるんだなと実感していましたし、続編もみんなで頑張って撮影したいなと思います。こういう作品に出会えることはそうないことですし」と意欲満々の長澤さんは、次回チャレンジしたい扮装について「うーん、やってことないので、男装がいいですね」と語り、ファンの期待を高めていた。


■続編でも五十嵐イジリ止まらず? 小手さん「出してくださいよ~」
一方、“ダー子”のだましに、ファン以上に驚きの表情だったのは、同席した東出さん&小日向さん、五十嵐こと小手伸也、メガホンをとった田中亮監督。なんと長澤さんによる発表の瞬間まで、続編製作については聞かされていなかったそうで、皆一応に目を白黒させていた。


ボクちゃん役の東出さんは「っていうか、スケジュールどうなってるんだろう? (舞台は)どこでやるんでしょう?」と好奇心が止まらず、五十嵐役の小手さんに対しては「そういえば、五十嵐、出るんですか?」と茶々を入れる場面も。これに乗じて「何役で出るの?」(長澤さん)、「五十嵐って誰ですか?」(田中監督)と『コンフィデンスマンJP』チームの絶妙なノリが披露された。


当の小手さんは「出してくださいよ~」と泣きのひと言。続編決定については「もちろん、僕もうれしいです。これからも、五十嵐というキャラクターを末永く演じて、また本領を発揮したい」と気合い十分! リチャード役の小日向さんは「初日(の舞台挨拶)に、数字が良ければ、続編も…って話していたから、実現して良かった。このメンバー、もうこれっきりかと思っていたから、また会えてうれしい」と満面の笑みだった。本作は公開21日で、観客動員150万人、興収19億円を突破している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング