蜷川実花監督「エライザから聞いた言葉をセリフに」Netflix「FOLLOWERS」撮了

CinemaCafe.net / 2019年7月15日 12時0分

Netflixオリジナルシリーズ「FOLLOWERS」

蜷川実花監督によるNetflixオリジナルシリーズ「FOLLOWERS」が7月3日(水)、3か月以上に渡る撮影がクランクアップしたことが分かった。

蜷川監督完全オリジナルドラマとなる本作は、多様なライフスタイルの女性たちが登場し、SNS社会において直接的、あるいは間接的に影響し合っている人々を、現在のTOKYOのリアルを交えながら映し出す。

中谷美紀が初の金髪姿で第一線で活躍する女性写真家の主人公・奈良リミを、池田エライザが女優の夢を抱えて上京する百田なつめを演じるほか、夏木マリ、板谷由夏、コムアイ、中島美嘉、金子ノブアキらも参加している。

そんな本作は、3月19日にクランクインし、“いま”の東京を舞台に都内各地を中心に撮影し、先日3か月以上に渡る撮影を終えた。

撮影を終え、中谷さんは「女性の生きづらさみたいなことが、今もしきりに叫ばれていますし、自分でもそれは感じることではありますけれども、時代のせいにしたり、社会のせいにしたり、人のせいにしたり会社のせいにしたりすることは、簡単ですし、自分自身もそうしてしまいがちではあるのですが、この作品を通じて、自ら運命を切り開いていくと言いますか、自由も権利も掴み取るものなのだと教えていただいたように思います」と作品へ出演して自身も学んだことがあったそう。また、「女性礼賛の作品なので、当然女性にはご覧いただきたいですし、女性の生態を不可解に思っていらっしゃる男性にもご覧いただきたいですし、属性を問わず世界中の方にもご覧いただきたいです」と作品をアピール。


一方、池田さんは「なつめという役を通して、自分自身を通り過ぎていった苦しみや足掻いていたところに改めて触れることになり、それはすごく美しい感情だったんだなとか、みじめに見えてたのに全然みじめじゃなかったりとか、自分の純度も上げてくれるような存在でした」と役を演じた感想を明かし、「これからなつめにうっかりですけど、救われる瞬間が多いんじゃないかなと思います。見てる人にこれからを想像してもらえるようなシーンを最後に撮れたので、これからっていう所で終わったなっていう感じもあるし、でもここまで無事にみんなと来れたということが今は純粋に嬉しいです」とクランクアップを喜んだ。


そして、「今回、中谷さん演じるリミたち大人と、エライザ演じるなつめたち若者、両者を通して、ディテールにこだわり、衣装からセリフから、細かく詰めて“今の東京”を描いていきました」と語り始めた蜷川監督は、「軽やかで楽しそうな大人たちの姿から伝えたかったのは『大変なこともあるけれど、それでも大人ってこんなに楽しいよ』ということ。一方で、今の若い子たちの空気感を取り込みながら、自分が若かった頃に抱いていた焦りや不安、怒りもきちんとすくい上げ、表現することができたと思います」と本作へ自信を見せる。

また、メインキャストの2人については「中谷さんはずっと大好きな女優さんで、ご一緒できて本当に嬉しかったですし、中谷さんの中にある芯の強さがリミとリンクして、そこに助けられました。エライザは私よりずっと年下なのに、姉のような包容力があって大ファンです。エライザから聞いた言葉をセリフに入れるなど、彼女から教わることがたくさんありました」とコメント。

さらに「東京の“いま”かっこいい人を全員出したい」という思いから、監督の身近な友人たちも出演したという本作。「これほど現実と物語が接近した作品は今までありませんでした。撮影中は、虚実入り交じった毎日で、何度も不思議な感覚に陥ったほど」と撮影をふり返り、「長期に及ぶ撮影でしたが、これが“東京の真ん中”という作品になると思います」と語っている。

Netflixオリジナルシリーズ「FOLLOWERS」は2020年初頭、Netflixにて全世界190か国へ独占配信。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング