ガッキー効果!?赤ちゃんの名前「結衣」が7年ぶり1位

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年11月15日 14時10分

新垣結衣(画像は昨年撮影)

 15日、大手ベビー用品店の赤ちゃん本舗が発表した2017年の「赤ちゃん命名・お名前ランキング」の女の子の名前1位に、ドラマや映画で快進撃を続けている女優の新垣結衣と同じ名前の「結衣」が7年ぶりに輝いた。

 昨年秋に放映された「逃げるは恥だが役に立つ」も今年夏に放送された「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON」も高視聴率をキープし、昨年から今年にかけて確たる人気を見せた新垣。赤ちゃん本舗の資料によると、7年前に「結衣」が首位を取ったときも、「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 2nd season」(2010年1月~3月)が放送された年だったという。このことからも新垣の活躍ぶりが、親世代に影響を与えた部分も強そうだ。

 今回の調査は、赤ちゃん本舗の全国108店舗から集まった会員情報のうち、2017年1月1日~10月20日に登録された赤ちゃんの名前8万2,917件のデータを基に行われた。

 また男の子の名前では、「そうた」に関する名前が急上昇。「奏太」は9位(昨年24位)に、「奏汰」が21位(昨年71位)、「颯太」が24位(昨年54位)にランクアップ。さらに「蒼(そう)」も13位(昨年44位)に上がったという。ここには、俳優の福士蒼汰や、棋士の藤井聡太四段の効果があったようにも思われる。(編集部・井本早紀)

シネマトゥデイ 映画情報

トピックスRSS

ランキング