佐野勇斗、西野カナの生歌に感激「カナやん最高!」

シネマトゥデイ 映画情報 / 2018年9月11日 21時9分

西野カナの生歌に感激の佐野勇斗と中条あやみ

 中条あやみと佐野勇斗が共演した映画『3D彼女 リアルガール』の特別試写会が11日に都内で行われた。この日は、主題歌を担当した西野カナも登壇して「Bedtime Story」を生披露。佐野は感激した様子で「カナやん最高!」と叫んで、会場を盛り上げていた。

 本作は、那波マオのコミックを原作に、学校一の美少女(中条)と2次元の世界を愛するオタク男子・つっつん(佐野)の恋愛模様を描くラブコメディー。大歓声に迎えられて登壇した佐野は、おすすめのシーンを聞かれると「(つっつんが)『俺は踊らされているだけ、愛されない』と言うシーンがあるんですけど、このシーンではみんなも一緒に(振りを)やって欲しい」と客席に笑顔を向けた。

 中条も「本当に全部観てほしいシーンばかり。とくに6人全員が集まっているキャンプのシーンは絶対に観てほしい」と清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろうと共演した場面が印象に残ったそう。「撮影1日目は台風で撮影がなくなったのですが、2日目に奇跡的に晴れて、山の中でみんなでバギーに乗ったり、はしゃぎまくって撮影していました」と嬉しそうに振り返った。

 この日は、西野が主題歌の「Bedtime Story」を生歌で披露すると、感激した面持ちの佐野が「カナやん最高!」と大きな声で感想を口にした。その西野も、すっかり本作のファンになった様子で「曲を作る前に1回観させてもらって、全部で3回観たんですけど、3回とも大号泣でした。人を好きになることはいいことだなと、同じシーンで何回も泣いてしまうくらい好きな映画です」と声を弾ませると、佐野は「(西野のコメントに)僕が泣きそうです」と返して会場を沸かせていた。

 また、中条と佐野との初対面を果たした際の印象を明かした西野。「佐野さんは格好いい俳優さんというイメージがあったのですが、映画を観てからはつっつんにしか見えなくて。でも、実際にお会いしたらやっぱり格好いい人でした」。中条についても「美しさが異次元」と絶賛の言葉を送って、映画の大ヒットを祈願した。(取材・文:名鹿祥史)

映画『3D彼女 リアルガール』は9月14日全国公開

シネマトゥデイ 映画情報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング