「おっさんずラブ」ときめいたシーン1位は?ランキングが発表

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年4月20日 5時22分

存在が罪!- 田中圭(2018年撮影)

 ランキングサイト・ランキングー!で、「おっさんずラブときめいたシーンランキング」が発表された。(以下、ドラマのネタバレあり)

 社会現象を巻き起こした同作は、ピュアな乙女心を秘めた上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、ドSなイケメン後輩・牧凌太(林遣都)からある日突然愛を告白された33歳のおっさん・春田創一(田中圭)の“未曽有のモテ期”を描くラブコメディー。

 1位に輝いたのは「春田が牧にプロポーズするシーン」。ついに思いが通じ合った春田と牧の幸せそうな顔にときめいた人が多かったようで、ハッピーエンドを絶賛する声が集まった。

 2位は「春田から牧にキスするシーン」。最終回で視聴者を驚かせたこのシーンは、それまで受け身だった春田が普段とは違う積極的な姿を見せた重要な場面だ。そして、1~2位の甘いシーンとは異なり、3位には「牧が涙ながらに春田に別れを切り出すシーン」という切ない場面がランクイン。春田の幸せを願っているからこそ身を引く……そんな牧の深い愛に涙した人から支持された。

 続く4位には「シャワーを浴びる春田に牧が突撃して愛の告白」、5位には「『牧といることは恥ずかしくない』と春田が伝えるシーン」が選出された。

 「おっさんずラブときめいたシーンランキング」は、10~60代の女性を対象に2月28日に行われたインターネットリサーチ結果を集計したもの。有効回答者数は3,242名。

 なお、8月23日にはドラマのその後を描く『劇場版 おっさんずラブ(仮)』の公開を控えているほか、2019年版のドラマが来年3月までに放送される見通しとなっている。(湯田史代)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング