柳楽優弥、川栄李奈にユニークな祝福 会場大盛り上がり

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年5月21日 20時21分

結婚・妊娠発表後、初の公の場となった川栄

 俳優の廣瀬智紀との結婚及び妊娠を発表した女優の川栄李奈が21日、都内で行われた映画『泣くな赤鬼』(6月14日公開)の完成披露試写会に出席。17日の結婚発表後、初の公の場となったが、自ら結婚の話題に触れることはなかった。しかし、壇上で共演者の柳楽優弥から「川栄さん、おめでとうございます!」と突然祝福を受けるハプニングがあり、これには「ありがとうございます」と満面の笑みだった。

 「とんび」「流星ワゴン」などのベストセラー作家・重松清の短編小説を映画化した本作は、かつて甲子園出場を目指して強豪チームを率いた“赤鬼先生”こと小渕隆(堤真一)が、教え子で現在は末期がんで死が迫るゴルゴこと斎藤智之(柳楽)と再会。ゴルゴとの交流を通し、厳しさでしか生徒と向かい合えなかった過去に葛藤するさまを追う。舞台あいさつには川栄、柳楽のほか、主演の堤真一、共演者の竜星涼、兼重淳監督が出席した。

 川栄は、本作で日ごと弱っていくゴルゴを献身的に支える妻・雪乃を好演。柳楽と夫婦役を演じた感想を問われると、「監督に一見、やんちゃに見えるけど芯の強い、旦那さんを支える妻の役をやって欲しいと言われました」と回顧。「台本を見ても柳楽さんがどんどん痩せていく。それを見て、つらいなと思ったんですけど、この役をやって本当によかった」としみじみ。完成した作品を観た時は「号泣してしまった」と言い、「切ないんですけど何かこう自分のなかで生きる何かを見つけようって、見終わった後にそんな風に思える作品になりました」と充実の表情で答えた。

 一方、柳楽も「この業界に入る前から堤さんを見ていたので、先生と生徒っていう大事な役で共演できたのは嬉しかった」とゴルゴ役を振り返るも、この際、当初は「先生と生徒」の部分を「先生と教師」と言い間違えるハプニングが起きた。一瞬、顔を赤らめた柳楽だが突然、「川栄さん、おめでとうございます!」と川栄の結婚を祝福して場を切り返し、これに会場は大盛り上がり。川栄はこの発言に照れ臭そうに「ありがとうございます」と答えると、会場から拍手が起こっていた。

 川栄はイベント終了時に報道陣から「おめでとうございます」と声をかけられたが、これには一礼だけで何も答えず、照れくさそうに会場を後にした。左手薬指にも結婚指輪はしていなかった。(取材・文:名鹿祥史)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング