山崎賢人『キングダム』45億突破の大ヒット!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年5月21日 12時5分

大ヒット中! (C) 原泰久/集英社 (C) 2019映画「キングダム」製作委員会

 大ヒット中の映画『キングダム』の興行収入が、45億円を突破したことが明らかになった。(数字は興行通信社調べ)

 本作は、原泰久の大人気漫画「キングダム」を実写映画化したもの。中国の春秋戦国時代を舞台に、「天下の大将軍」を夢見る少年・信(山崎賢人)が、後の始皇帝であるエイ政(吉沢亮)と運命の出会いを果たすさまを描く。

 4月19日に公開された本作は、公開初週の全国映画動員ランキングの2位を記録。4週目には4位となったが、5週目に『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』『アベンジャーズ/エンドゲーム』といった大作を抑えて3位とランクアップした。興行収入は5月19日までに45億円を超えており、配給元の東宝が公開初日に発表した「興行収入40億円を狙える大ヒットスタート」の予想を上回る好調ぶりだ。

 また、北米での公開も決定している本作。今後どこまで記録が伸びるのか期待が高まるところだ。(編集部・梅山富美子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング