尼神インター、声優初挑戦!『海獣の子供』ゲスト声優に

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年5月24日 12時0分

アフレコ時の写真 (C) 2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

 お笑いコンビ・尼神インター(誠子・渚)が、アニメーション映画『海獣の子供』(6月7日公開)でゲスト声優を務め、声優に初挑戦したことが明らかになった。

 「リトル・フォレスト」などで知られる五十嵐大介のコミックを、『鉄コン筋クリート』などのSTUDIO4℃の制作でアニメ映画化した本作は、居場所がない14歳の少女と不思議な兄弟の交流を描く。

 声の出演には、芦田愛菜をはじめ、石橋陽彩や浦上晟周といったフレッシュな若手から、森崎ウィン、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、田中泯、富司純子ら実力派キャストまでが集結。音楽は久石譲が手がけ、米津玄師が主題歌を書き下ろしたことも話題を呼んでいる。

 さらにこの度、ゲスト声優として尼神インターが出演していることが明らかになった。主人公・琉花の父が働き、ジュゴンに育てられた少年・海が住む、物語の重要な舞台でもある水族館の職員役を担う。

 誠子は「仕事ができるいい女、を意識してみました。ただ恋愛のこととなると不器用で、、とか勝手に妄想して楽しくアフレコしました!」と役への思いを語り、渚は「家族がめちゃくちゃ喜んでくれるやんって、甥っ子、姪っ子たち家族みんなで映画館に一緒に行って『どの役の声してるか当ててみてや!』って言葉、初めて家族に言えるやんって、嬉しなりました」と喜びをバクハツさせている。(編集部・小山美咲)

誠子(水族館の職員なつみ役)コメント

昔からアニメが好きで、声優のお仕事にずっと憧れがあったのでとても嬉しかったです。演じさせていただいたなつみは研究員の役だったので仕事ができるいい女、を意識してみました。ただ恋愛のこととなると不器用で、、とか勝手に妄想して楽しくアフレコしました!
ストーリーはもちろん、映像や音楽がとても綺麗で幅広い方に楽しんでもらえると思います。誠子の勝手に妄想アフレコも楽しんでくれたら嬉しいです!

渚(水族館の職員あき役)コメント

アニメーション映画のアフレコのお仕事いただいたとき真っ先に思ったのは、家族がめちゃくちゃ喜んでくれるやんって、甥っ子、姪っ子たち家族みんなで映画館に一緒に行って「どの役の声してるか当ててみてや!」って言葉、初めて家族に言えるやんって、嬉しなりました。
でも、アニメーション映画のアフレコ経験もないし、声だけで演技するって、相当難ないかって、そもそも演技力もないし、心配にもなりました。
収録させてもらって、どんなもんか感覚を掴むために、初めて自分のアフレコしたほんまの一発目のモノを見た時「あれ? 嘘やろ。めちゃめちゃ下手くそやん。セリフと画の動き合ってないし、自分ってこんな言葉に魂ないんや」って、ビビりまくりました。
渡辺監督にどんな風にしたら良いか、アドバイスいただいて収録したんですが、私のセリフは5言くらいしかなかったのに、撮り直しを繰り返して、気付いたら予定していた収録時間を1時間もオーバーしてました。
やっぱプロの人ってすごいなって感動もしました。
でもとにかく一生懸命全力でやりました。
映画館の大画面で観るど迫力で『海獣の子供』の綺麗で繊細な映像を楽しみながら、おまけで私の言葉の魂を少しでも感じ取っていただけたら幸せです。
早く休みの日に家族で『海獣の子供』観に行きたいです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング