ざわちん、ものまねメイクでハリウッド女優に変身

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年5月25日 9時1分

マーゴット・ロビーのものまねメイクで登場

 ものまねメイクで知られるタレントのざわちんが22日、東京ソラマチで開催されたイベント「カンヌ映画祭スペシャル2019」でトークショーを行い、ハリウッド女優マーゴット・ロビーのものまねメイクを披露した。

 同イベントは、25日深夜にCS映画専門チャンネル「ムービープラス」で、第72回カンヌ国際映画祭授賞式の模様を生中継することを記念して行われたもの。ざわちんは今年のコンペティション部門の注目作である、クエンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に出演するマーゴット風メイクで登場した。

 『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役でも人気のマーゴットになりきるためのポイントは“猫目”で、マーゴットの特徴的な猫目を再現するために、アイラインをしっかりと平均にひくこと、また自然な地まつげを再現するためにつけまつげ選びもポイントとのこと。

 ざわちんは「色々な人のものまねメイクにチャレンジをすることで、自分に合ったメイクを見つけることができる。遊び半分でいいので、ぜひトライしてほしいです!」とものまねメイクをアピールした。(編集部・中山雄一朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング