新木優子『トイ・ストーリー4』新キャラで声優初挑戦

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年5月30日 5時0分

新キャラ、ギャビー・ギャビー役に新木優子 (C) 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 女優・モデルの新木優子が、映画『トイ・ストーリー4』(7月12日より全国公開)で新キャラクターとなるギャビー・ギャビーの日本版声優を務めることが明らかになった。新木にとって、これが声優初挑戦となる。

 ギャビー・ギャビーは、カウボーイ人形のウッディと、同じく新キャラの手作りおもちゃ・フォーキーが迷い込んだアンティークショップにいる、かわいらしい見た目をした女の子の人形。ウッディと同じように「おもちゃにとって大切なことは子供のそばにいること」という強い信念を持っているが、声の故障により一度も子供に愛されたことがなく、「いつか子供に愛されたい」と願っているキャラクターだ。

 子供に愛されるためには努力を惜しまず、一度で良いから子供のそばにいたいと心に秘めた強い思いを持っているギャビー・ギャビーだが、ウッディに不敵な笑みを浮かべる一面も……。そんなカワイイだけではないギャビー・ギャビー役に、新木はオーディションを勝ち抜いて抜てきされた。

 新木は「まさか自分が『トイ・ストーリー』の世界に関われるなんて! と驚きました。本当に小さい頃から大好きな作品でした。その中に自分の声が入り、キャラクターとして物語の中で生きることができるというワクワク感が止まらなかったです」と大喜び。

 自身が演じたギャビー・ギャビーについては「愛されることを強く願っているキャラクターで、そのために努力をする一面がすごく女の子らしくてかわいくて、女の子がとても共感できるキャラクターになっていると思います。わたし自身も、老若男女から愛される存在になりたいとずっと思っているので、すごくギャビー・ギャビーと近いものがあると思いました」とシンパシーを感じたようだ。

 新木は1993年生まれの25歳。2014年から女性ファッション誌「non-no」の専属モデルを務め、美少女タレントの登竜門として知られる「ゼクシィ」の8代目CMガールで注目を浴びた。主な出演作には『劇場版 コード・ブルー −ドクターヘリ緊急救命−』『あのコの、トリコ。』、テレビドラマ「トレース~科捜研の男~」などがある。(編集部・中山雄一朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング