「偽装不倫」ピンク髪イケメン・瀬戸利樹に注目!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年7月17日 19時5分

イケメン!瀬戸利樹 提供:日本テレビ

 杏が主演を務める日本テレビ系ドラマ「偽装不倫」の第2話が今夜17日の22時から放送される。ドラマ放送開始となった先週は伴野丈役の宮沢氷魚が注目を浴びたが、同作にはもう一人の年下イケメンキャラクター・八神風太が登場する。第2話放送を前に、風太役を務める瀬戸利樹を紹介する。

 「東京タラレバ娘」などで知られる東村アキコの漫画を映像化する同作は、32歳独身の主人公・濱鐘子(杏)が、飛行機のなかで出会った年下のカメラマン・伴野丈(宮沢)に、既婚者だと嘘をついたことから始まる“偽装不倫”を描くラブストーリー。

 瀬戸は1995年生まれの23歳で、2014年にドラマ「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」で俳優デビュー。2016年には、若手俳優の登竜門ともいわれる特撮ドラマの「仮面ライダーエグゼイド」で鏡飛彩/仮面ライダーブレイブ役を務めて人気急上昇。その後も映画『チア男子!!』やドラマ「深夜のダメ恋図鑑」、舞台「大きな虹のあとで~不動四兄弟~」などに出演し、ネクストブレイク俳優の一人として視線を集めている。

 そんな瀬戸が、「偽装不倫」では鐘子の姉である葉子(仲間由紀恵)の不倫相手・八神風太役に挑む。プロボクサーである風太は、甘え上手で母性本能をくすぐるタイプ。瀬戸は役づくりのため原作通り髪をピンクに染め、実際にボクシングジムに通って体作りにも励んでいるそうで、キャスト発表時には「まだ怖くて、目を閉じてしまったりするのですが、視聴者の皆さんにボクサーとして見て頂けるように、乗り越えていきたいと思っています」と意気込んでいた。

 第1話では風太の登場シーンは少なかったが、第2話では風太と葉子のデートが描かれるとあり、先週の放送でTwitterのトレンド入りを果たした宮沢に続いて瀬戸も勢いに乗ることができるのか期待がかかる。(編集部・吉田唯)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング