「エージェント・オブ・シールド」シーズン7で終了!正式発表

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年7月19日 12時45分

「エージェント・オブ・シールド」シーズン5より Matthias Clamer / Getty Images

 現地時間18日、米ABC局がマーベルのテレビシリーズ「エージェント・オブ・シールド」は来夏放送のシーズン7(全13エピソード)をもって終了すると発表した。アメリカでは現在シーズン6が放送中だ。

 「エージェント・オブ・シールド」は、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の活躍を描いた人気テレビドラマシリーズ。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)と世界観を共有し、フィル・コールソン捜査官役のクラーク・グレッグが主演を務めてきた。

 シリーズの製作総指揮を務めるマーベル・テレビジョンの代表ジェフ・ローブは「この代表的なシリーズに別れを告げるのは、ほろ苦いものになるでしょう」とコメント。番組を支え続けてきた熱心なファンに感謝した上で、「われわれはこのシリーズを最高のうちに終え、7シーズン、136時間にわたる素晴らしいサーガを完結させたいと思っています」と声明を発表した。

 主演のクラークもこの知らせを受け、「僕たちにこの壮大な旅を与えてくれた素晴らしいファンたち/友人たち/エージェントたちに感じている感謝の思いは、とても言葉で表現することができないほどです。これは家族についてのドラマであり、皆さんはその一員です。どうもありがとう」とファンへの思いをツイートしている。(編集部・市川遥)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング