レディー・ガガ、『アリー/スター誕生』主題歌の盗作疑惑に激怒

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年8月9日 12時57分

『アリー/スター誕生』で主演を務めたレディー・ガガ Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 歌手のレディー・ガガ(33)が、主演映画『アリー/スター誕生』の主題歌「シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた」の盗作疑惑に激怒していると、US Weekly が報じた。

 盗作を訴えているのは、作曲家のスティーヴ・ロンセン。スティーヴは、「シャロウ 」の一部が、自身が2012年に手掛けた楽曲「Almost」と似ていると主張。スティーヴと彼の代理人は、和解金として数百万ドルを要求しており、代理人は同サイトに宛てた声明で「この事態を友好的に解決する中で、我々はレディー・ガガの弁護団に対して、専門家による公式の調査書を提供しました。専門家は、曲のテンポ、メロディー、リズム、ハーモニーなどが類似していると判断しています」とコメントしている。

 一方でガガの弁護士は、「スティーヴと彼の弁護士は、実力あるアーティストからひと儲けしようとしている。実に恥ずべき行為であり、間違っている」と同サイトに告白。ガガの関係者は「彼女は一連の間違った要求に激怒しており、後に退くつもりはない」とも伝えている。

 ガガが、人気プロデューサーのマーク・ロンソンらと手掛けた「シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた」は、第91回アカデミー賞で歌曲賞を受賞。授賞式では、ガガとブラッドリー・クーパーとの濃密すぎるパフォーマンスが話題となっていた。(編集部・倉本拓弥)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング