菅田将暉×小松菜奈『糸』に榮倉奈々、斎藤工!追加キャスト発表

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年8月16日 5時0分

すごいたくさん! (C)2020映画『糸』製作委員会

 菅田将暉と小松菜奈がダブル主演を務める、中島みゆきの名曲「糸」をもとにした映画『糸』(2020年4月24日公開)の追加キャストが発表され、榮倉奈々、斎藤工らの同作への出演が明らかになった。

 本作は平成元年に生まれた高橋漣(菅田)と園田葵(小松)の二人が出逢い、強く想い合いながらもすれ違い、平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を描く愛の物語。漣はチーズ工房で働く青年で、彼と運命的に出逢いながらも中学生の時に離れ離れになってしまうのが葵だ。北海道をはじめ、東京・沖縄・シンガポールが舞台となっており、『64−ロクヨン−』シリーズなどの瀬々敬久監督がメガホンを取った。

 チーズ工房の先輩で漣と恋愛関係になる桐野香を演じる榮倉は「幅広い年代の人々に長い間愛されている、中島みゆきさんの『糸』。カテゴリーは恋愛映画でありながら、人生の複雑さが描かれているこの作品で『糸』の歌詞を改めて考えさせられると思います」と今作についてコメントしている。

 一方、葵と恋愛関係になるファンドマネージャーの水島大介役を務める斎藤は「“平成”をぐるりと生きた人間として、この平成の足跡を辿る物語は、令和と言う時代の未来を照らす糸になると強く思いました」と語っている。

 葵の同僚・親友でありやがてシンガポールで一緒に事業を始める高木玲子役で山本美月、子どもに温かい食事を無償で提供する「子ども食堂」の女主人・村田節子役で倍賞美津子、漣の幼なじみの親友で良き理解者である竹原直樹役で成田凌、竹原直樹の二番目の妻・山田利子役で二階堂ふみ、葵・玲子と共にシンガポールで一緒に事業を始める冴島亮太役で高杉真宙が出演。

 葵・漣と幼なじみで直樹の最初の妻になる後藤弓役で馬場ふみか、香の父・桐野昭三役で永島敏行、葵の叔父・矢野清役で竹原ピストル、チーズ工房の工房長で漣のチーズ作りの師匠・富田幸太郎役で松重豊、香の母・桐野春子役で田中美佐子、葵の母親・園田真由美役で山口紗弥加といったキャストが集結している。(編集部・海江田宗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング