田中みな実、GP帯ドラマ初レギュラー!新木優子&高良健吾「モトカレマニア」新キャスト

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年8月20日 5時0分

(左から)小手伸也、山口紗弥加、田中みな実

 新木優子と高良健吾がダブル主演を務める10月クールのフジテレビ系ドラマ「モトカレマニア」(毎週木曜22時~)の新キャストが発表され、フリーアナウンサーでタレントの田中みな実が、ゴールデン・プライムタイム(GP帯:19時~23時)のドラマで初のレギュラー出演を果たすことが明らかになった。

 瀧波ユカリの同名コミックを基に、元カレの存在を引きずる“モトカレマニア”になった女の子の混乱と暴走と試行錯誤の物語を紡ぎ出す本作。主演の新木と高良は、元カレのことが忘れられないモトカレマニアの難波ユリカと、その元カレの“マコチ”こと斉藤真を演じる。

 深田恭子主演のドラマ「ルパンの娘」にゲスト出演、AbemaTVオリジナルドラマ「奪い愛、夏」では小池徹平演じる桐山椿の同僚役を務めるなど、女優としての活動にも視線が集まっている田中。GP帯ドラマ初レギュラー出演となる本作では、地元の北海道でコミュニティーラジオのパーソナリティーとして活躍する“むぎちゃん”こと来栖むぎに変身。むぎは、高潔さゆえに気持ちを表に出すことができず周囲に誤解されやすいが、夢のためなら他人にどう思われても構わないという芯の強さの持ち主で、それゆえに仕事の目標と恋愛の間で揺れ動くことになるという役どころだ。

 また、山口紗弥加がユリカが愛読する恋愛小説の作者で根っからのモトカレマニアである丸の内さくら役、小手伸也がユリカとマコチが働くチロリアン不動産の社長・安藤一朗役で出演することも発表に。さらに、森田甘路、加藤虎ノ介、大地、井上翔太といったバラエティー豊かな面々が脇を固める。

 脚本を手掛けるのは、ドラマ「コウノドリ」シリーズや映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』などの坪田文。演出は「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」でも高良とタッグを組んだ並木道子と、「グッド・ドクター」などの相沢秀幸が担当する。(編集部・吉田唯)

コメント全文

■プロデュース 草ヶ谷大輔(フジテレビ 第一制作室)
丸の内さくらという役は、人気恋愛小説家という社会的地位の高い女性でありながら、実は新木さん演じるユリカ同様、昔の恋人を引きずってしまっているモトカレマニアです。20代のユリカよりも複雑なこじらせ方をしているアラフォーのさくら役を山口紗弥加さんに演じて頂くことで、このドラマの深みが一層増すと確信しております。演出の並木と同い年ということもあり、2人のタッグでアラフォー女性の繊細な心の機微も表現して頂けると思っております。また、ユリカとマコチが勤める、チロリアン不動産の社長・安藤役は、“コンフィデンスマンJP”でご一緒させて頂いた小手伸也さんにお願いしました。ハラスメントがあふれる現代社会でついつい敏感になってしまい、思わず誰もが“あー、分かる!”と共感してもらえる役になると思います。そして、“謎の女性”来栖むぎ役には、幅広い女性から支持を受けている田中みな実さんにオファーさせて頂きました。アナウンサー時代に培われた豊かな表現力とその表情を生かし、いま女優として活躍されている田中さんに今回、“仕事”か”恋愛”かで揺れ動く、働く女性の代弁者になっていただきます。さらにその他、森田甘路さんと加藤虎ノ介さんという演技派俳優に加え、フレッシュな俳優・大地さんと井上翔太さんにも参加して頂けることになりました。何が起きるかわからない、予測不能な展開に是非ご期待下さい!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング