宮野真守&鈴村健一、銀英伝とうまい棒コラボ動画に感心「ここまでやるか」

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年9月28日 15時56分

うまい棒動画にもビックリ! 『銀河英雄伝説』鈴村健一と宮野真守

 声優の宮野真守と鈴村健一が28日、丸の内ピカデリーにて行われたアニメーション映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章』初週舞台あいさつに出席。SNSなどで話題になっている、本作と“うまい棒”がコラボした動画の存在こ触れ、2人で大盛り上がりしていた。

 本作は、田中芳樹の人気SF小説「銀河英雄伝説」シリーズを新たにアニメ化し、昨年テレビ放送された「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」の続編で、三章からなる劇場版の第一章。銀河の覇権を賭けた大決戦が描かれる。

 不利な状況から味方を勝利に導く手腕で「魔術師ヤン」とも呼ばれるヤン・ウェンリーを演じている鈴村は、映画公開の感想を尋ねられるも、開口一番「銀河英雄伝説とうまい棒がコラボした公式の動画(アスターテ会戦 うまい棒でやってみた。)観ました? すごいですよね」と27日にYouTube上で公開されたコラボ動画を称賛する。

 これは、ファーストシーズン「邂逅」の第1話と2話で描かれた「アスターテ会戦」をオリジナルデザインのうまい棒、約6万本を使用して再現した動画。その努力には、金髪と蒼氷色の瞳を持つ戦争の天才ラインハルト・フォン・ローエングラムを演じる宮野も感心した様子で「うまい棒への愛が感じられますよね。ここまでやるか! って感じ」と満面の笑みで返していた。

 映画の収録自体は、1年前に放送されていたテレビアニメからの流れで行われていたといい、宮野は「ついに皆さんの前にお届けすることができました。すでに第三章まで演じ切っているのですが、タイトルに“星乱”とついている通り、映画ではいろいろなものが乱れていきます。僕が演じるラインハルトとしても、絶対的な力を見せつつ、心が乱れていきます」と期待をあおる。

 また鈴村も「テレビシリーズでは、作品の世界観やキャラクターが丁寧に描かれていましたが、映画では、それがより動き出していきます」と見どころを指南。「『銀河英雄伝説』は大河ドラマのようなスケールがある。これからもずっと続いていくんだなと感じさせる話です」と作品の壮大さについて触れていた。

 また鈴村は、声優視点で見た作品の魅力にも言及。「カタルシスを得られるようなセリフがいっぱいなのですが、そこにリアリティーもある。そんなセリフを試行錯誤しながら演じているのが楽しい」と笑顔を見せると、宮野も「(フレーゲル役の)古谷徹さんが演出に対して真摯に向き合っている姿を見ていると、古谷さんに『金髪の小僧!』と罵られるのも光栄です」と発言し、会場を笑いに包んでいた。(磯部正和)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング