伊藤健太郎&玉城ティナ『惡の華』を押見修造が絶賛!「原作の魂を継承」

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年9月28日 18時2分

押見修造のイラストに大興奮だった伊藤健太郎

 俳優の伊藤健太郎が28日、都内で行われた映画『惡の華』公開記念舞台あいさつに原作者の押見修造と登壇。時にファンの期待を裏切ることもある漫画の実写化だが、「やれることを全部やったつもりで送り出した」と自信をのぞかせる伊藤を、押見は「役者さんたちが漫画の人物たちの血となり肉となり、存在を体現してくださった」と大絶賛し、「見た目に騙されずに、ぜひ観てください」と原作ファンに呼びかけた。この日は、玉城ティナ、飯豊まりえ、秋田汐梨、井口昇監督も出席した。

 テレビアニメ化に舞台化もされた押見の人気コミックを原作とする本作は、男子中学生の鬱屈とした青春と行き場のない衝動を描く物語。憧れの女子の体操着を盗んでしまったことから、悪夢がはじまる主人公・春日高男を伊藤が、春日に主従関係を結ばせるクラスの問題児・仲村佐和を玉城が演じる。

 高男の中学生時代も演じた伊藤は、「これは大変な撮影になるだろうと思ったし、同時に今までやったことのない作品・役柄で、これから役者としてやっていく上で大きなものになると感じていたので、すごくうれしかったです」とオファーを回顧。

 そんな伊藤のキャスティングについて押見は、井口監督から相談を受け「いいと思います」と返していたといい「漫画でやりたかった、春日の文系だけど反社会的なところがバッチリでした」とご満悦の様子。玉城のことも「僕の中で、仲村佐和は玉城佐和になっています。それくらい最高でした」とほめたたえ、「光栄で震えるんですけど」と喜ばせていた。

 そして、原作ファンに「これは、イケメン俳優が出てるとか、美人さんが出てるとかいう映画ではありません。原作の魂の部分を継承していただきました。見た目に騙されずに、ぜひ観てください」とアピールし「僕にとって大切な映画」と感慨をにじませた。

 これ以上ない称賛を受けた井口監督は「8年ほど前に押見先生に映画化したいと話をして、今こうやって一緒に舞台に立てて、有り難い言葉を言っていただいて胸がいっぱいです。自分が孤独な青春時代を送っていたので、今そういう青春時代を送っている方の救いになってくれればいいなと思います」と心を込めた。

 この日のイベントでは、押見から登壇者へ、それぞれのキャラクターの描き下ろしイラストがサプライズプレゼントされる場面もあり、一同は「ヤバい!」「すごい!」と大感激。また、ポーランドで行われるファイブ・フレイバーズ・アジアン映画祭(11月13日~11月20日)への出品が決まったことも発表されると、伊藤は「時代、性別、国が違っても、宗教的なことがあっても、思春期に抱えることは結構同じなので、海外の人にも共感してもらえる自信はあります」と目を輝かせていた。(取材:錦怜那)

映画『惡の華』は全国公開中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング