中山美穂&木村多江&大島優子、WOWOW新作ドラマで初共演!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年10月19日 8時0分

左から順に、大島優子、中山美穂、木村多江

 女優の中山美穂、木村多江、大島優子が、WOWOWの新作ドラマ「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」(2020年1月放送)で初共演することが明らかになった。

 本作は、瀟洒(しょうしゃ)なマンションを舞台に3人の女性とその家族の姿を描くドラマ。官能作品で人気を誇るレディコミ(レディースコミック)漫画家で、再婚相手と大学生の息子を家族に持つ内田百々子(中山)は、同じマンションに住む友人・富澤瑞希(木村)とダイニングバーで近況報告を繰り広げる日々を送っていた。しかしある日、百々子が20年前に別れた前夫と、新たな妻・鴨居流美(大島)が引っ越してくることに。元夫婦がそれぞれ再婚し、隣人同士となった稀有な状況によって、百々子や瑞希が抱えていた“秘密”が炙り出されていく。

 主演の中山は、自身が演じる百々子について「子供の頃からの夢を仕事に持ち、ただひたすらに作品に向き合い苦悩している彼女。そして仕事を離れるとキッパリ妻と母になる。それは当たり前のことかもしれませんが、そんな二面性を面白がれたらいいなと思います」とコメント。「沢山の共感を得られる役だと思いますので、そこを外さないように努めたいと思います」と意気込んでいる。

 共演の木村と大島も、キャラクターについて「(瑞希は)とても魅力的な女性なので、どうしたらチャーミングに見えるか悩み続けています。瑞希を見ると苦笑しつつ、人間くさくて、応援したくなる、そんな女性になればと思っています」(木村)、「流美の心の強さと柔軟さには感服します。夫との関係、中山美穂さん演じる百々子との関係、他キャストの潤滑油として、ストーリーの展開に存在できるように演じたいと思います」(大島)とそれぞれ語っている。
 
 脚本は、「二十歳の君がいた世界」などで知られる小説家・沢木まひろの書き下ろし。『神様のカルテ』などを手がけた深川栄洋が監督を務める。なお、3人の家族やその事情に関わる登場人物たちを演じるキャストは後日発表される。(編集部・倉本拓弥)

「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」は、WOWOWプライムにて2020年1月より毎週土曜よる10時~放送(全8話、第1話は無料放送)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング