チャニング・テイタム、監督デビュー

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年11月9日 23時10分

チャニング・テイタム Taylor Hill / WireImage / Getty Images

 映画『マジック・マイク』『ローガン・ラッキー』のチャニング・テイタムが、新作コメディー映画『ドッグ(原題)/ Dog』で監督デビューを果たす。Colliderほか複数メディアが報じている。

 本作は、ルルという名の犬を飼っているアーミー・レンジャー(陸軍の精鋭部隊)のブリッグスが、ルルの飼い主だった友人の葬式に参列するために太平洋沿岸のハイウェイを車で飛ばし、道中でさまざまな体験をするロードムービー。テイタムがブリッグス役も兼任する。

 本作でテイタムは、彼の作品の製作を担当してきたリード・カロリンと共同でメガホンを取り、彼らは脚本をテイタムの長年のアシスタント、ブレット・ロドリゲスと共同執筆する。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング