ありがとう、すみっコ!映画『すみっコぐらし』応援上映で大歓声

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年11月23日 5時35分

「ありがとう! すみっコ」という声があちこちから!

 話題沸騰中の『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』(公開中)の応援上映会が22日、新宿ピカデリーにて行われ、劇場の“すみっこ”や“まんなか”から「かわいい!」の大歓声が上がった。

 「すみっコぐらし」は、「たれぱんだ」「リラックマ」などのキャラクターを生み出してきたサンエックスによる人気キャラクター。初の劇場版アニメとなる本作では、すみっこにいると落ち着く、ちょっぴりネガティブだけど個性的な“すみっコ”たちが絵本の世界に迷い込むさまを描く。11月8日に全国114館で公開スタートし、「かわいいキャラクターに癒やされた」という感想はもちろん、思いがけないストーリー展開にSNS上では「号泣した」という意見も多数。公開初週の全国映画動員ランキングでは、邦画ではナンバー1の3位にランクインし、動員11万4,280人、興行収入1億3,287万3,500円を記録した。

 続く公開2週目には、さらに勢いを増し、公開週からの興収比150%を記録。ランキングも3位から2位に浮上した。13日には、本日と同じく新宿ピカデリーで男性限定上映「ぼくらもすみっコ応援団!上映会」が行われ、お気に入りのキャラクターのぬいぐるみを手に持った熱心な男性ファンが駆け付けて満席になるなど、子供だけでなく大人からも支持を集めて異例のヒットとなっている。

 この日のチケットも発売から開始5分で完売になるなど、その勢いはとどまるところを知らない。開始をまだかまだかと待ちわびる大人から子供まで幅広い層のファンのなか、映画がスタートし、すみっコたちがスクリーンに登場すると、劇場のあちこちから「かわいい!」という声が上がる。さらにお皿の上に残された脂肪分99%の“とんかつ”には「食べるよ~」という掛け声に、客席からは笑い声が。

 「“すみっコたち、かわいい”って言い放題」というイベント名だけに「かわいい」が飛び交うなか、自分探し中の“ぺんぎん?”と、映画オリジナル新キャラクターの“ひよこ?”が出会うと物語は感動の展開に。自分がなにものかわからないなか、一人ぼっちでいる“ひよこ?”にキャラクターたちが優しくする姿が映し出されると「頑張って」「大丈夫だよ」と感情移入している観客も。“ぺんぎん?”と“ひよこ?”との友情が描かれると、客席からは「仲間だよー」と感極まる声も上がっていた。

 感動のなかエンドロールが流れると、曲と一緒にタンバリンを叩き、会場が一体に。曲が終わると「ありがとう! すみっコ」という声があちこちから聞こえ、大盛り上がりの応援上映は幕を閉じた。(磯部正和)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング