コリン・ファース、カンバーバッチ出演の戦争映画『1917』初日決定

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年11月28日 8時0分

『1917 命をかけた伝令』ポスタービジュアル (C) 2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

 『007 スカイフォール』などのサム・メンデス監督が第一次世界大戦を描く『1917 命をかけた伝令』の初日が、2020年2月14日に決定した。予告編では、任務を果たすため、激化する戦場に身を投じる二人の若きイギリス人兵士の姿が見られる。

 本作は、上官から重要な任務を受けた二人の若きイギリス人兵士が、1,600人の命を救うために敵陣を進むさまを描いたドラマ。メンデス監督は、観客が主人公たちと同じ戦場に置かれたような没入感を味わえるよう、順撮り・長回し撮影を採用。『ブレードランナー 2049』の撮影監督ロジャー・ディーキンスと共に、およそ9か月にわたる準備をして撮影に臨んだ。

 予告編には、「仲間を救いたければ、命の限り急ぐんだ」という上官の言葉を受けた二人の兵士が、険しい敵地を駆ける姿が収められている。敵の襲撃をかいくぐりながら進む様子はもちろん、銃弾が飛び交う戦場を走り続ける主人公を長回しで捉えたシーンは緊迫感に満ちている。

 主人公の兵士二人を演じるのは、『はじまりへの旅』のジョージ・マッケイと「ゲーム・オブ・スローンズ」のディーン=チャールズ・チャップマン。その他、『キングスマン』のコリン・ファース、『ドクター・ストレンジ』のベネディクト・カンバーバッチ、『シャザム!』マーク・ストロングら実力派イギリス人俳優が脇を固める。(編集部・倉本拓弥)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング