加藤シゲアキ主演「悪魔の手毬唄」三人娘に大野いと・大友花恋・菅野莉央

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年11月29日 6時0分

左から大友花恋、大野いと、菅野莉央 (C)フジテレビ

 横溝正史原作、加藤シゲアキ(NEWS)主演のスペシャルドラマ第2弾「悪魔の手毬(まり)唄~金田一耕助、ふたたび~」(フジテレビ系・12月21日21時15分~)に、大野いと、大友花恋、菅野莉央が出演することが29日、同局より発表された。3人が演じるのは名探偵・金田一耕助(加藤)が遭遇する連続殺人事件にかかわる三人娘で、そのビジュアルも公開となった。

 本作は、映画『犬神家の一族』や『八つ墓村』などで知られるミステリー作家・横溝正史の「悪魔の手毬唄」が原作。市川崑監督、石坂浩二主演の1977年の映画をはじめ、度々映像化されている。物語の舞台は、由良家(ゆらけ)と仁礼家(にれけ)という、二つの名家が対立する鬼首村(おにこうべむら)。その村には20年前に温泉宿の主人・青池リカ(寺島しのぶ)の夫が悲惨な死を遂げた過去があり、人気歌手・大空ゆかり(中条あやみ)の帰郷で村が活気づく中、新たな事件が起きる。

 青池リカの娘で、生まれつき顔半分に大きなあざがある里子役に、ドラマ「同期のサクラ」が放送中の大野。あざを隠すために黒い頭巾をかぶり、体が弱く温泉宿の蔵にこもって暮らしており、幼い頃から“呪われた子”としていじめられてきた。一方で、“人殺しの子”として村八分になった千恵子とは心を許しあう親友同士。

 圧倒的な財産、権力、名声をもつ仁礼家の一人娘・文子(ふみこ)役に、ドラマ「新米姉妹のふたりごはん」が放送中の大友。里子の兄・歌名雄(かなお/ジャニーズWEST・小瀧望)に思いを寄せ、父・嘉平(かへい)も歌名雄と結ばれることを期待しているが、同時にそれがストレスにもなっている。

 一方、映画『仄暗い水の底から』『ジョゼと虎と魚たち』などで名子役として名を馳せた菅野が、歌名雄の恋人・由良泰子(ゆら・やすこ)に。滝つぼで口に漏斗を突っ込まれた痛ましい状態で発見される。泰子の死によって、仁礼家、由良家の対立はさらに激化していく。

 脚本と演出を、昨年放送された加藤シゲアキ主演「犬神家の一族」や今年7月クールの月9「監察医 朝顔」のコンビ、根本ノンジと澤田鎌作がそれぞれ担当する。大野、大友、菅野のコメントは以下の通り。(編集部・石井百合子)

大野いと(青池里子役)
「私が演じる里子は悲しい宿命を背負いながらも優しさと芯の強さを併せ持った女性なので、心の繊細な部分を大切に演じました。過去に数々の先輩方が演じられてきた作品を私も見てきましたので、とても気持ちが引き締まる思いです。里子がどう事件に関わっていくか是非注目していただけたらと思います」

大友花恋(仁礼文子役)
「今まで視聴者として拝見させていただいていた、金田一耕助シリーズの魅力的な恐ろしさがさらに濃厚に詰め込まれた内容に、台本を読んでいる時から鳥肌が止まりませんでした。この世界観に自分も参加できることがとてもうれしいです。どうやってもあらがえない周りの環境に巻き込まれていく文子を、責任をもって丁寧に演じようと思います」

菅野莉央(由良泰子役)
「滝つぼのシーンの撮影では体力的な厳しさはありましたが、それ以上にスタッフ、共演者の方々にたくさんサポートしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。そして、物語の一つの転換点として印象的な場面になっていたらと思います」

土曜プレミアム「悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~」は12月21日21時15分~23時25分放送

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング