ガッキー、インスタやらない理由に反響

シネマトゥデイ 映画情報 / 2019年12月6日 17時35分

インスタをやらない理由とは?新垣結衣(写真は2018年7月撮影のもの)

 女優の新垣結衣が4日、ファッションマガジン「NYLON JAPAN」の公式Instagramで行われたライブ配信で、自身のInstagramアカウントを開設しないワケを告白。その理由が反響を呼んでいる。

 ライブでは、ファンから寄せられた質問に新垣が答えるコーナーがあり、そのなかには「これを機にInstagram始めてみませんか?」という質問も。この質問に新垣は「映える毎日を送ってないんですよ、本当に」と苦笑い。「見せたいものが……ない……」と続けると、「未来はわからないので、可能性がないとは言わない」と前置きした上で「今はちょっと本当にたいした毎日を送ってないので、寝てばっかりになっちゃう」「更新滞ったりするから」とInstagramアカウントを開設しないワケを説明。「今の時点では可能性ないですね。ごめんなさい」としながらも、「気が向いたらやってください」というファンの声に「はい! ありがとう」と返した。

 「映える毎日を送ってない」という意外な新垣の回答に、インターネット上では「正直なところもステキ」「ガッキー最高」「好感度上がった」「存在自体が映えだよ」と反響が続々。正直に思いを伝える姿勢とその理由に悶絶するファンが相次いだ。

 今回のライブ配信は、新垣が「NYLON JAPAN」に登場した9年分の連載ページなどをまとめたアーカイヴブック「YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010-2019」の発売に伴って行われたもの。アーカイヴブック(8,000円、税別)は5日より発売中。(湯田史代)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング