日本アカデミー賞『翔んで埼玉』が最多12部門で優秀賞を受賞!【第43回日本アカデミー賞】

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年1月15日 14時22分

『翔んで埼玉』が最多! (C) 2019 映画「翔んで埼玉」製作委員会

 15日、第43回日本アカデミー賞の優秀賞が発表され、昨年話題となった映画『翔んで埼玉』が作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞を含む最多12部門で優秀賞を受賞した。

 魔夜峰央の人気漫画を実写映画化した本作は、埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、東京都知事の息子・壇ノ浦百美と、埼玉出身の転校生・麻実麗が惹かれ合うさまを描くギャグコメディー。GACKTの主演男優賞、二階堂ふみの主演女優賞などで優秀賞を受賞した。なお、二階堂は『人間失格 太宰治と3人の女たち』で優秀助演女優賞を獲得したため、W受賞という結果となった。

 そのほか、笑福亭鶴瓶が主演を務めた『閉鎖病棟−それぞれの朝−』(11部門受賞)、大人気マンガを実写化した『キングダム』(9部門受賞)、サスペンスドラマ『新聞記者』(6部門受賞)、松岡茉優主演の『蜜蜂と遠雷』(6部門受賞)が優秀作品賞に選ばれた。

 優秀主演男優賞は『アルキメデスの大戦』の菅田将暉ら、優秀助演男優賞は『決算!忠臣蔵』の岡村隆史(ナインティナイン)らが受賞した。

 選考対象となったのは、2018年12月16日~2019年12月15日に公開され、選考基準を満たした作品。各部門の最優秀賞は、3月6日に行われる授賞式にて発表される。(編集部・梅山富美子)

第43回日本アカデミー賞の主な受賞結果は以下の通り。

■優秀作品賞
『キングダム』
『新聞記者』
『翔んで埼玉』
『閉鎖病棟−それぞれの朝−』
『蜜蜂と遠雷』

■優秀アニメーション作品賞
『空の青さを知る人よ』
『天気の子』
『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』
『ルパン三世 THE FIRST』
『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』

■優秀監督賞
佐藤信介『キングダム』
周防正行『カツベン!』
武内英樹『翔んで埼玉』
平山秀幸『閉鎖病棟−それぞれの朝−』
藤井道人『新聞記者』

■優秀主演男優賞
笑福亭鶴瓶『閉鎖病棟−それぞれの朝−』
菅田将暉『アルキメデスの大戦』
中井貴一『記憶にございません!』
松坂桃李『新聞記者』
GACKT『翔んで埼玉』

■優秀主演女優賞
シム・ウンギョン『新聞記者』
二階堂ふみ『翔んで埼玉』
松岡茉優『蜜蜂と遠雷』
宮沢りえ『人間失格 太宰治と3人の女たち』
吉永小百合『最高の人生の見つけ方』

■優秀助演男優賞
綾野剛『閉鎖病棟−それぞれの朝−』
伊勢谷友介『翔んで埼玉』
柄本佑『アルキメデスの大戦』
岡村隆史『決算!忠臣蔵』
佐々木蔵之介『空母いぶき』
吉沢亮『キングダム』

■優秀助演女優賞
天海祐希『最高の人生の見つけ方』
小松菜奈『閉鎖病棟−それぞれの朝−』
高畑充希『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
長澤まさみ『キングダム』
二階堂ふみ『人間失格 太宰治と3人の女たち』

■優秀脚本賞
片島章三『カツベン!』
詩森ろば/高石明彦/藤井道人『新聞記者』
徳永友一『翔んで埼玉』
平山秀幸『閉鎖病棟−それぞれの朝−』
三谷幸喜『記憶にございません!』

■優秀外国作品賞
『イエスタデイ』
『グリーンブック』
『ジョーカー』
『運び屋』
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

■新人俳優賞
岸井ゆきの『愛がなんだ』
黒島結菜『カツベン!』
吉岡里帆『見えない目撃者』『パラレルワールド・ラブストーリー』
鈴鹿央士『蜜蜂と遠雷』
森崎ウィン『蜜蜂と遠雷』
横浜流星『愛唄 −約束のナクヒト−』『いなくなれ、群青』『チア男子!!』

※最多受賞数に新人俳優賞は含まず

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング