アイアン・ストレンジ誕生!『アベンジャーズ』にアイアンマン&ドクター・ストレンジの衣装交換シーンがあった

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年3月16日 17時55分

アイアン・ストレンジ……! - 画像は映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』より Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ではアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)とドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)の衣装交換シーンが実際に撮影されていたようだ。アメコミオタクで映画監督のケヴィン・スミスが自身のYouTube番組「Fatman Beyond」で明かした。

 アイアンマンとドクター・ストレンジの衣装交換については、『インフィニティ・ウォー』の劇場公開前にマーベル・スタジオがアップした宣伝映像の中に、ダウニー・Jrがドクター・ストレンジのマントをまとった撮影風景が含まれていたことからファンの間で話題に。その後出版された『アベンジャーズ/エンドゲーム』のアート本にもアイアンマンがマントを、ドクター・ストレンジがアーマーを身に着けたコンセプトアートがあり、映画の最終版には含まれなかったものの、二人が衣装を交換するアイデアがあったことが明らかになっていた。

 『インフィニティ・ウォー』の脚本家であるクリストファー・マルクス&スティーヴン・マクフィーリーと会った時のことを振り返ったスミスは、「ロバート・ダウニー・Jrがマントを着ている映像や写真はずっと前に公開されていたから、スタジオがそれを撮ったことは知られている。だけど俺たち(同番組の共同司会者のマーク・ベルナルダンと自分)は個人的に、彼らがそれを撮ったのを知っているんだ。なぜなら脚本家たちが来て話をしてくれた時、最後に『いいものを見たい?』と言われた。彼らは携帯を取り出して、俺たちに見せてくれたんだ。インターネット上に出回った絵だけじゃなく、あのシャーロック(=カンバーバッチ)がアイアンマンスーツを着ている写真をね」と告白。

 「そして、マントを着たトニー(・スターク=ダウニー・Jr)と一緒にいるんだ。俺たちは『なんてこった!!!!!!』って感じで、彼らは『これは秘密だから。絶対話しちゃいけない』と言っていた。その後、このシーンが想定されていたことが明らかになって、俺は『俺たちはその写真を見た!』って思った。超かっこよかったぜ! 彼らが完成版の映画でやったこともクールだったけど、あれはめちゃくちゃクールだったな。彼らはカンバーバッチ用にスーツを作ったんだ」と興奮気味に続けた。悪役エボニー・マウが宇宙船でドクター・ストレンジを拷問中、トニーが彼のアーマーを転送してストレンジを助けるという案があり、ストレンジは胸部にアークリアクターの代わりにアガモットの目が埋め込まれた“アイアン・ストレンジ”になる予定だったという。(編集部・市川遥)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング