声優・小林由美子「今でも緊張」2代目しんちゃん役として2年

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年9月7日 7時5分

野原しんのすけ役を務める声優の小林由美子

 国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」で、2018年7月より2代目野原しんのすけ役を務める声優・小林由美子。27年間しんのすけを演じた矢島晶子からバトンを引き継いで2年以上の月日が経ち、劇場版28作目『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』で二度目の劇場版出演を果たす。抜てきされた当初は「みなさんに親しまれているしんちゃんのイメージを壊したくない」とプレッシャーに悩んだものの、周囲に支えられながら「今は楽しく挑んでいる」とほほ笑む小林。大役に向き合う思いと共に、「子育てがもっと楽しくなった」という母親としての変化までを語った。

 地上のラクガキをエネルギーに浮かぶ王国“ラクガキングダム” のエネルギー不足による墜落の危機からしんのすけが世界を救うべく立ち上がる姿を描く本作。小林にとっては、しんのすけの両親・ひろしとみさえの新婚旅行をつづった前作『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』に続いて、2度目の劇場版。

 「前作は私がしんちゃん役を引き継いで、初めての劇場版でした。父ちゃんと母ちゃんの背中を見ながら、しんのすけが物語を盛り上げていくという内容だったので、アフレコでも父ちゃん(森川智之)と母ちゃん(ならはしみき)の背中を見ていたんです」と振り返り、「劇場版の1発目としては、ものすごくありがたい内容でした」としみじみ。

 「今回は父ちゃんと母ちゃんのもとを離れて、しんのすけが1人で冒険に出て行く。しんのすけ役としての“独り立ち”のようでもあり、1作目、2作目ととてもいい流れに乗せていただいた。アフレコでは後ろに父ちゃん、母ちゃんがいてくれると思うだけで心強くて。やっぱり父ちゃん、母ちゃんはカッコいい!」と目を輝かせる。

神谷浩史から受けた激励「小林なら大丈夫」

 本作には、シリーズにおいて熱い支持を集めている“救いのヒーロー”ぶりぶりざえもんも登場。しんのすけと冒険を繰り広げる。2000年に初代ぶりぶりざえもん声優の塩沢兼人さんが逝去。16年間の封印を経て、2016年から神谷浩史がぶりぶりざえもん役を引き継ぎ、本作は“神谷版ぶりぶりざえもん”の銀幕デビュー作となる。小林は「他の現場でお会いしたときも、神谷さんは『映画、よろしくね。すごく楽しみだよ』と声をかけてくださって。私もすごくうれしかった」と『クレヨンしんちゃん』での神谷との共演に大喜び。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング