上白石萌音、振り切り方がすごいラップ披露!会場をノリノリに

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年10月3日 15時3分

見事なラップで会場を盛り上げた上白石萌音

 上白石萌音が3日、都内で行われた映画『トロールズ ミュージック★パワー』の公開記念舞台あいさつにウエンツ瑛士、仲里依紗、木村昴と出席。劇中の“タイニーラップ”を周囲からリクエストされ、アドリブで披露するパフォーマンスで会場をノリノリにした。

 ドリームワークスアニメーションによるアニメシリーズ第2弾となる本作は、ポップ村で暮らす、歌、踊り、ハグが大好きな妖精のトロールズが、村の乗っ取りを阻止しようと立ち上がる様をミュージカル仕立てで描く。上白石は日本語吹替え版で、主人公でポップ村の女王・ポピー役を、ウエンツがポピーの親友・ブランチ役を、仲がロック・トロールのバーブ女王役を、木村がタイニー・ダイヤモンド役を担当している。

 イベントでは、タイニー役の木村が劇中で披露する「タイニーラップ」にウエンツが挑戦し、木村と対決するという演出が行われ、上白石と仲も合いの手で参戦。ウエンツは「タイニーラップ大好き。めちゃくちゃかっこいいじゃないですか。俺もラップをずっとやっていて、ロンドンにいた時もずっと韻を踏んでいた」とラップには自信があることをアピール。木村がつい先日、子ども向けバラエティー番組「おはスタ」(テレビ東京系)の新MCに就任したことを挙げ、「もし勝ったらおはスタのMCはいただきます」と不敵な笑みで木村に挑んだ。

 だが、ラップ披露後の客席による審査の結果、ウエンツは完敗。悔しそうなウエンツだったが、その流れで木村とともに、突然、上白石にも「タイニーラップ」挑戦をリクエスト。最初は恥ずかしそうに遠慮していた上白石だが、登壇者や客席の雰囲気に飲まれるように「タイニーラップ」にアドリブで挑戦。意表をつくような振り切ったラップで会場は大盛り上がり。上白石がラップを終えると、仲は「振り切り方が素晴らしい」と感心しきり。ウエンツも「『おはスタ』MC決まったよ」と驚きの表情で上白石を絶賛。上白石の方は「あまり報道しないでください」と照れくさそうにしながらも「振り切ることの大切さはポピーから教えてもらいました」と答えて笑顔を見せた。

 上白石は「 (世の中で)いろんなことが起こり、耳をふさぎたくなるようなこともありますが、そんな時も音楽が体に入ってくれるだけで元気になれたりする。いろんなことを忘れて楽しんでいただけたら嬉しいです。この映画を観てわたしも音楽の力は確かにあるなって思いました」と感想を述べていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『トロールズ ミュージック★パワー』は全国公開中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング