トムホ主演『スパイダーマン』第3弾にジェイミー・フォックス演じるエレクトロ登場へ!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年10月2日 10時41分

トムホ版にもジェイミー・フォックスのエレクトロ登場へ! - 画像は映画『アメイジング・スパイダーマン2』より Columbia Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『アメイジング・スパイダーマン2』で悪役エレクトロを演じたジェイミー・フォックスが、トム・ホランド主演の『スパイダーマン』シリーズ第3弾でも同役を務めることになりそうだ。現在、ジェイミーがエレクトロ役で出演の最終交渉中だと The Hollywood Reporter が報じた。

 『アメイジング・スパイダーマン2』は、2代目スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールド主演作。エレクトロはオズコープ社のさえない電気技師でスパイダーマンに強く憧れ、ある時彼に名前を呼んでもらい有頂天になったが、電気事故に巻き込まれて電撃摩人エレクトロへと変貌。その後、スパイダーマンと再会するも彼が自分の名前を覚えていなかったため激怒し、スパイダーマンを追い詰める敵となっていた。

 このままジェイミーの出演が決まれば、アンドリュー主演の『アメイジング・スパイダーマン』シリーズとトム主演の『スパイダーマン』シリーズが融合することに。これに先駆けて前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)には、初代スパイダーマンであるトビー・マグワイア主演の『スパイダーマン』シリーズで新聞社デイリー・ビューグルの編集長J・ジョナ・ジェイムソンを演じたJ・K・シモンズが同役で再登場したことも話題になった。三つのシリーズがついに一つになるようだ。

 トム主演の『スパイダーマン』シリーズ第3弾は2021年12月17日に全米公開される。MJ役のゼンデイヤ、メイおばさん役のマリサ・トメイ、ネッド役のジェイコブ・バタロン、フラッシュ役のトニー・レヴォロリらほとんどのキャストが続投し、撮影は今年の秋にアトランタで始まる予定だ。前2作に引き続きジョン・ワッツ監督がメガホンを取る。

 ちなみに『アメイジング・スパイダーマン』シリーズは第3弾も制作予定だったが、その後ソニー・ピクチャーズとマーベル・スタジオの提携が決まったため、マーベル・シネマティック・ユニバースに組み込んだ新たなスパイダーマン映画を作るべく製作中止となっていた。(編集部・市川遥)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング