USJ任天堂エリア、来春開業!マリオの新店舗が先行オープン

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年10月7日 15時1分

ついに来春オープン! (c) Nintendo

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは7日、任天堂のキャラクターとその世界観をテーマにした新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」を、2021年春に開業すると発表した。

 「SUPER NINTENDO WORLD」は、「スーパーマリオ」シリーズを中心とした任天堂の人気キャラクターやゲームの世界観を再現した、パーク初の多層式エリア。ゲストはブロックを叩いたり、コインやアイテムを集めるなど、ゲームのさながらの体験が可能だ。エリアには人気ゲーム「マリオカート」のアトラクションや、ヨッシーに乗ってマリオの世界を巡るライドアトラクションも誕生予定。

 来春の開業に先駆け、 10月16日よりマリオの世界が散りばめられた新店舗「マリオ・カフェ&ストア」がハリウッド・エリア(ハリウッド大通り)にオープンする。飲食店舗と物販店舗が一体となった店内では、帽子をモチーフにしたパンケーキや人気アイテム「スーパーキノコ」型のドリンクボトルなどが販売されるほか、パーク限定グッズが購入可能だ。

 なお同パークでは、ゲストとクルーの健康と安全の確保を最優先に、徹底した衛生強化対策に基づいた運営プランを策定している。詳細はパークの公式サイトから確認できる。(編集部・倉本拓弥)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング