大泉洋『新解釈・三國志』ポスター、長野剛が描き下ろし!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年10月14日 10時0分

集結! (C) 2020「新解釈・三國志」製作委員会

 大泉洋が主演を務める福田雄一監督の新作映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)のポスタービジュアルが公開された。ゲーム「信長の野望」「三國志」シリーズのパッケージイラストなどで知られるイラストレーター長野剛が描き下ろしている。

 本作は誰もが知る中国の歴史書「三國志」に福田監督がオリジナルの新解釈をくわえた歴史エンターテインメント作品。大泉が「蜀」の武将・劉備にふんし、ムロツヨシ、山田孝之、佐藤二朗、賀来賢人、橋本環奈、山本美月、岩田剛典、小栗旬といった豪華なキャストが集結している。

 この度公開されたポスタービジュアルでは中央で大泉が強いまなざしで剣を抜いており、キャストたちが一堂に会している。長野による描き下ろしビジュアルの制作期間はおよそ24日間。油絵具を使用し、繊細なタッチでリアルに、鮮やかに、そしてドラマチックに仕上げている。

 長野によるとイラストを描く中で特に難しかったのはムロツヨシだったという。「ムロさんは元々お顔がハッキリされていているのですが役柄で微妙にイメージが変わります。ムロさんらしさをきちんと表現できるように気を付けて描きました」と明かしている。(編集部・海江田宗)

<長野剛コメント全文>
僕はずっと「歴史モノ」や「三國志」の画を描いてきたのですが、まさか今回『新解釈・三國志』のオファーをいただいて「三國志の映画」を描かせていただける機会に巡り合うとは……本当に驚きました。
イラストレーションの世界に入ったのは人物画が得意だったからなのですが、人物画のイラストで一番華があるのは多くの方の目に触れる映画のポスターだと思っています。ずっと「映画のポスターを描いてみたい」と思っていましたので「三國志で、かつ映画のポスター」を描かせていただく、ということに二重の喜びを感じています。
イラストを描く中でも特に難しかったのはムロツヨシさんです。ムロさんは元々お顔がハッキリされていているのですが役柄で微妙にイメージが変わります。ムロさんらしさをきちんと表現できるように気を付けて描きました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング