スネイプ先生、ダンブルドア校長も…この世を去った『ハリー・ポッター』キャストたち

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年10月30日 20時32分

バーノンおじさん役リチャード・グリフィスさん

 ハリー・ポッターの叔父で育ての親でありながら、魔法界に属するハリーにつらく当たるバーノンおじさんことバーノン・ダーズリーを憎々しく演じたのは、イギリス人俳優のリチャード・グリフィスさん。2013年3月28日、心臓手術後の合併症によって65歳で亡くなった。

 ハリー役のダニエル・ラドクリフとは『ハリー・ポッター』シリーズのみならず、彼のブロードウェイデビュー作「エクウス」でも共演していた。映画では不幸な関係だったものの、実際にはリチャードさんはダニエルの大きな支えになっていたよう。ダニエルはリチャードさんの訃報に際し、「リチャードさんは、僕のキャリアにおいて最も重要な二つの時に傍にいてくれました。2000年8月、『賢者の石』の正式な撮影が始まる前に、僕たちはダーズリー家の前で撮影をしました。それが、僕がハリーとして撮影する、最初のショットだったのです。僕は緊張していましたが、彼が落ち着かせてくれました。それから7年後、今度は『エクウス』でご一緒することになりました。僕にとっては初めての演劇で怯えていましたが、彼の励まし、指導、そしてユーモアがその経験を喜びに変えてくれました。実際、彼が足を踏み入れるとどんな部屋でも、彼という存在によって2倍も楽しく、機知に富んだものになったのです。彼と知り合えたことを誇りに思います」とコメントを発表していた。(編集部・市川遥)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング