吉田美月喜、出演作『たぶん』へ熱い思い「一歩でも前に進んでもらえたら」

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年11月14日 19時48分

映画・ドラマに引っ張りだこの吉田美月喜

 女優の吉田美月喜が14日、都内で行われた映画『たぶん』の公開記念舞台あいさつに出席し、切ない恋を描いた本作への熱い思いを語った。この日は木原瑠生、小野莉奈、寄川歌太、めがね、糸川耀士郎、音楽ユニット・YOASOBI(Ayase、ikura)も登壇し、メガホンを取ったYuki Saito監督は会場に手紙を寄せた。

 『たぶん』は、YOASOBIの第4弾楽曲の原作小説「たぶん」を原案に、男女三組の別れを切なく描いたショートストーリー。吉田は、夏の大会が自粛で中止となってしまった高校サッカー部のマネージャー・江口を演じている。

 ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」や映画『鬼ガール!!』など、出演作が続く吉田。「原案となった小説とYOASOBIさんの『たぶん』を聞かせていただいたとき、切なさと悲しさを感じたのですが、同時に居心地の良い温かさも伝わってきました」と感想を述べると、その温かさをしっかり表現できるように芝居に臨んだという。

 本作は、西伊豆で撮影が行われた。特に夕日のシーンは、太陽が沈むと撮影ができなくなるため一発撮りになったそうで、吉田や寄川も「ものすごく緊張した」と振り返るが、吉田は「その緊張が物語にとっては良かったのかもしれません」と語る。そんな二人のシーンにYuki監督は「お互いの呼吸まで聞こえてきそうなぐらい青春でした」と手紙で称賛を送っていた。

 舞台挨拶では、作品のタイトルにちなんで「たぶんわたしは〇〇だ」というトークに。吉田は「たぶん、緊張するとテンションが上がるタイプ」と自己分析。オーディションでも撮影でも明るく元気で「緊張していないよね」と言われることが多いというが、実際は「緊張しているからこその特徴です」と照れ笑いを浮かべていた。

 最後に吉田は、「この映画は恋愛のすごく曖昧で複雑な、素直に言えないところを丁寧に描いている映画です。観ている皆さんも、大切な人との関係のなかで、一歩でも前に進んでいける後押しとなる作品になってくれればと思います」と熱い思いを伝えた。(磯部正和)

映画『たぶん』は公開中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング