大泉洋『新解釈・三國志』韓国・台湾・香港で公開決定!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2020年11月30日 18時0分

大泉洋&ムロツヨシが『新解釈・三國志』で共演! (C) 2020映画「新解釈・三國志」製作委員会

 大泉洋が主演を務める映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)が、日本公開にあわせて韓国・台湾・香港でも公開されることが明らかになった。

 本作は『銀魂』「今日から俺は!!」シリーズなどで知られる福田雄一監督が中国の「三國志」をオリジナル脚本で描く歴史エンターテインメント。覇権争いを繰り広げる魏、呉、蜀の武将たちがしのぎを削った乱世の時代が、コメディー要素満載の“新解釈”で描き出される。出演者には賀来賢人、橋本環奈、山本美月、岡田健史、岩田剛典、ムロツヨシ、山田孝之、小栗旬などの豪華キャストが名を連ねる。

 今回、日本での劇場公開にあわせて、韓国・台湾・香港の3つの国と地域で公開されることが決定。主人公である蜀の武将・劉備玄徳を演じる大泉は「韓国・香港・台湾で上映が決まったって聞きましたけど、大丈夫ですか? 日本で大ヒットしたら海外で売られるとはよく聞くけど、公開前に上映が決定するなんて珍しいことですよね。もしかしてポスターのビジュアルかっこいいから、これをみて『いいぞ!』って思っちゃったんじゃない? 『鬼滅の刃』にタイトル替えて渡したほうがいいんじゃないかな?(笑) 『全集中』とか、俺、言っておこうか? 今からでも字幕のセリフとか直した方がいいんじゃないですか? カッコいいやつに」とユーモアたっぷりに喜びを明かしている。

 また、諸葛亮孔明役を務めるムロも「韓国・香港・台湾で上映決定とのこと、今のところ不安しかないですね。カッコいいポスターを見て……ジャケ買いみたいなもんですかね? ちゃんとタイトルに『新解釈』って入れてますよね? 『新解釈』を抜いて『三國志』だけで海外の方とお話してないですよね? 誰が観ても笑っていただけるところがたくさんある映画です。どうぞ海外の皆さん、『新解釈・三國志』の看板を背負った大泉洋をご覧ください」とコメントを寄せている。(編集部・大内啓輔)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング