「今際の国のアリス」の9等身美女!クイナ役・朝比奈彩のアクションへの思い

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年1月12日 5時15分

スタイル抜群の美女!朝比奈彩

 “9等身美女”として活躍しているモデル・女優の朝比奈彩が、出演ドラマ「今際の国のアリス」でのアクション挑戦について自身のYouTubeチャンネル「朝比奈ちゃんねる」で語った。

 現在配信中のNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」は、麻生羽呂による人気漫画を基に、夢や生き甲斐もなく生きてきたアリス(山崎賢人)と、驚異の身体能力と逆境にも負けない強い精神を持つウサギ(土屋太鳳)が、謎の世界で出会い、理不尽なゲームに挑む物語。

 先日シーズン2の制作決定が発表されるなど話題を呼んでいる同作で、朝比奈はドレッドヘアの空手の達人クイナを演じた。劇中では、171cmという長身を生かしたダイナミックなアクションシーンを披露しているが、5日に自身のYouTubeチャンネルでアップした動画「【秘話】Netflixで話題の【今際の国のアリス】の裏側を語ります!」で、朝比奈は「アクションをやってみたいという気持ちがずっとあった」と本作で念願がかなったことを告白。しかし、「いざやってみたら、自分が思っていた通りに身体が動かなくて、やり切れないみたいな」と悔しさを感じることもあったようだ。

 1993年10月6日生まれの朝比奈は、2014年に芸能界入り。モデルとして雑誌やCMなどで活躍しているほか、近年はドラマ「チア☆ダン」(2018)や「ランウェイ24」(2019)、映画『ぐらんぶる』(2020)などに出演し、女優としても活動の場を広げている。(編集部・吉田唯)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング