綾野剛、尾野真千子に絶対的な信頼「必ずいてくれる」

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年1月17日 7時14分

映画『ヤクザと家族 The Family』場面写真 (C) 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

 映画『ヤクザと家族 The Family』(1月29日公開)より、綾野剛と尾野真千子の2ショット写真が公開された。

 日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた『新聞記者』の藤井道人監督と制作スタッフが再集結した本作。変わりゆく3つの時代(1999年、2005年、2019年)にヤクザとして生きるしかなかった男と、彼を取り巻く人々を、抗争ではなく家族という視点で描いたヒューマンストーリー。初のヤクザ役となる綾野が主人公・山本賢治、舘ひろしが山本に家族という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を演じている。

 綾野と尾野は「Mother」「カーネーション」「最高の離婚」とドラマでの共演経験はあるが、今回4度目にして映画初共演。尾野について綾野は「自分にとってターニングポイントとなる作品には必ずいてくれる存在」と絶対的な信頼を寄せている。そんな二人の共演シーンから、場面写真とメイキング写真がこのたび公開された。場面写真は、小競り合いの後で怪我をしてしまった山本を、尾野演じるホステスの工藤由香が手当てをする一場面。この出来事をきっかけに二人の関係が始まるという、出会いの瞬間が捉えられている。

 一方、山本と由香が海辺を歩く一枚は、同本編シーンのメイキングカット。本編シーンでは、由香は怖がることなく「どうやって生活してるの?」「なんでヤクザやってるの?」など、興味津々に山本を質問攻めにする。藤井監督は由香について「背中の墨を見せれば誰もが黙る、という極道の理屈が全く通じない相手が由香です。そういう相手でないと、山本はフラットな恋愛ができない気がしました。尾野さんのパーソナリティが由香をそのような女性にしてくれたと思います」と語り、尾野を通してキャラクターが完成していったことを明かしている。(編集部・小松芙未)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング