「全裸監督」シーズン2のヒロイン、乃木真梨子役の恒松祐里に注目!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年2月7日 11時2分

恒松祐里

 2019年に配信され話題となったNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督」の続編となるシーズン2が、2021年に配信される。そのヒロイン役を担う若手女優・恒松祐里に注目したい。

 山田孝之が伝説のAV監督・村西とおるを演じる本作。シーズン1では、黎明期だったアダルトビデオに勝機を見出した村西が仲間とともにアダルト業界に挑む姿が描かれた。満島真之介、玉山鉄二、森田望智、柄本時生、伊藤沙莉、後藤剛範、小雪らが出演。キャストの体を張った演技が注目を浴びた。

 シーズン2では、村西と、彼に見いだされAV女優として活躍する恵美/黒木香(森田)の関係が少しずつ変化。そんななか、恒松演じる新たなヒロイン・乃木真梨子が現れる。美容部員の真梨子は、村西の新たな創作を刺激する存在。物語のカギを握る重要な人物だ。

 1998年生まれ、現在22歳の恒松は、2005年のドラマ「瑠璃の島」で子役としてデビュー。『キラー・ヴァージンロード』(2009)で映画初出演を果たすと、これまで20本以上の映画に出演。気が強い女子から地味な学生、女子高生の見た目をした地球への侵略者、デリヘル嬢までさまざまな役柄を高い演技力で自由自在に演じてきた。

 近年では、『凪待ち』(2019)、『アイネクライネナハトムジーク』(2019)、『スパイの妻<劇場版>』(2020)、『タイトル、拒絶』(2020)と幅広いジャンルの作品に挑み続けている。恒松は、真梨子役の発表の際「『全裸監督』に飛び込むことは大きな挑戦でした。オファーをいただいた時は本当に驚き、沢山悩みました。でも怖いとか逃げたいよりも、やりたい。逃したく無い。が勝ちました」と意気込んでおり、「全裸監督」シーズン2でどんな演技を見せてくれるのか楽しみだ。

 さらに、2021年度前期放送の連続テレビ小説「おかえりモネ」では、ヒロイン・百音(清原果耶)の幼なじみで、同級生の亮(King & Princeの永瀬廉)を思い続ける明日美役を担う。今後、さらなる飛躍に期待が高まる。(編集部・梅山富美子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング