SixTONES松村北斗&Travis Japan七五三掛龍也、“同期”仲良しショット公開!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年2月15日 15時0分

ポーズ決める姿もキュート (C) 2021『ライアー×ライアー』製作委員会(C)金田一蓮十郎/講談社

 松村北斗(SixTONES)と森七菜が初共演でダブル主演を務める映画『ライアー×ライアー』(2月19日公開)から、松村と七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)の仲良し2ショット写真が公開された。

 原作は、累計発行部数190万部を突破し、2012年度「このマンガがすごい!オンナ編」にランクインした金田一蓮十郎による同名人気コミック。恋愛経験ゼロの地味系女子大生・湊(森)と、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透(松村)によるウソから始まるラブストーリー。透は、湊と気付かずに高校の制服にギャルメイク姿の“JK・みな”恋をしてしまう。

 七五三掛は、透の親友・桂にふんする。桂は、“JK・みな”に出会うまで、誰に対しても心を開かず常に不愛想に過ごしてきた透が、唯一心を許しており、透にとってなくてはならない存在だ。

 そんな親友役を担う松村と七五三掛は、2009年2月15日に揃ってジャニーズ事務所に入所。七五三掛は、同期である松村との共演について「北斗とは同じ日にジャニーズ事務所に入所して同期なのですが、親友役という形で出演させていただけるのは、運命のような、奇跡のような気がして、クランクインするのがすごく楽しみでした」と心待ちにしていたことを明かしている。

 撮影時は、一足先にクランクインしていた松村が、七五三掛を撮影チームの輪にいれようと優しさをみせることもあったそうだ。今回公開されたオフショットの撮影時も、カメラマンに「元気なポーズで!」と振られ、「ライアー×ライアー!」と息ぴったりのライアーポーズを披露しており、写真からも同期ならではの仲の良さをうかがうことができる。(編集部・梅山富美子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング