1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

株式会社TOKIO、初CM!国分太一が企画・制作に参加&テーマソングも作曲

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年4月2日 4時0分

城島茂、国分太一、松岡昌宏

 4月から株式会社TOKIOとしてスタートを切った城島茂、国分太一、松岡昌宏がイメージキャラクターに起用されたフマキラー株式会社の新テレビCMが、4月2日から順次全国で放映される。本CMでは、国分がクリエイティブディレクターに初挑戦し、CMソングも制作した。

 放映されるのは、天使のスキンベープ「なんで伝わらないんだ そういうことか」篇、どこでもベープ未来「なんで伝わらないんだ 屋上」篇、おすだけベープ「なんで伝わらないんだ 応接室」篇(各15秒)全3タイプ。1997年のフマキラーテレビCM初出演以来、長年にわたりフマキラーの“顔”を務めてきたTOKIOの3人だが、25年目となる今年は国分がクリエイティブディレクターに就任して企画として制作の指揮を執った。

 国分は、フマキラー会長が会議中に発した「(製品の魅力が)なんで伝わらないんだ! 不思議でしょうがない!」の言葉をそのまま歌詞として使用したテーマソングの作曲も担当。その曲を歌うのは、TOKIOよりもフマキラーの社員であるべきと提案し、歌の収録とテーマソングムービーの撮影には50人の社員、会長や社長、副社長、開発本部長も参加した。フマキラー社員による合唱をバックに、思いの強さを伝える内容となっている。

 撮影では、撮影現場となるフマキラー広島工場の屋上にスーツ姿で登場した国分が、共演者である城島、松岡にクリエイティブディレクターとして深く頭を下げ、「よろしくお願いします」とやや他人行儀なあいさつを交わした。国分は、自身で演技をしながら頻繁に映像を確認し、さらに他の出演者を盛り上げたという。

 なお、またWEBムービーおよびテーマソングムービーも特設サイトで公開される。(編集部・梅山富美子)

コメント

Q:株式会社TOKIOとしてCMの撮影を終えた感想。
城島「いつも都内か関東で撮ってましたけど、やっと広島に来れたという感じです。しかも屋上の気持ちのいいロケーションで、社員の皆さんと一緒に撮れたので楽しかったです」

松岡「ロケーション最高ですね、後ろが海で。広島の街は海と山に恵まれているから。この工場にお邪魔したのは十何年ぶりかな? 普段フマキラーの方が働いている場所の“パワー” みたいなものを感じるので、そこで撮影できたことはうれしいです」

Q:企画から携わり、撮られる側から撮る側になった感想。
国分「しんどい(笑)。いろんなところを見ながら考えたり作ったりしたので。(CMの中でメッセージを伝える歌が)オンエアされてから皆さんが口ずさんでくれたり、伝わってくれたらいいなと思ってます」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング