1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

西島秀俊、村上春樹原作の『ドライブ・マイ・カー』に全身全霊ささげる

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年7月4日 16時23分

写真

主演映画『ドライブ・マイ・カー』のイベントに登壇した西島秀俊

 俳優の西島秀俊が4日、都内で行われた主演映画『ドライブ・マイ・カー』(8月20日公開)“壮行会”イベントに登場し、本作の原作者である村上春樹に対する思いを明かした。イベントには共演の三浦透子、霧島れいかと、濱口竜介監督も登壇した。

 本作は、村上春樹の短編小説を原作に描くヒューマンドラマ。脚本家の妻・音(霧島)を突然失い、喪失感を抱えながら生きる舞台俳優兼演出家・家福悠介(西島)が、口数の少ない専属ドライバー・渡利みさき(三浦)との出会いをきっかけに新たな一歩を踏み出す。

 西島は、「高校生の頃から村上さんの作品のファンなので、この方の小説の役を演じることがあれば(いいな)と、どこかで考えていたと思います」とそこはかとなく抱いていた思いを明かし、「お話をいただいたときに、どうしてもやりたいと思い、毎日全身全霊込めてやらせていただきました」と力強く語った。

 その成果でもあるのだろう。本作は、今月6日から開催される第74回カンヌ国際映画祭において、最高賞「パルムドール」を競うコンペティション部門に日本映画として唯一正式出品される。

 映画『寝ても覚めても』以来、2度目の出品を果たした濱口監督は「素晴らしいものが映っている映画だと思っているので、コンペティションに選ばれ、嬉しく、誇らしく感じています」と感激の面持ち。西島も「世界が注目している、これからもっと大きくなる監督の作品に参加させていただいて光栄ですし、一俳優として素晴らしい体験をさせていただきました。カンヌという場所で世界中の方々に観ていただけるのは嬉しいです」と笑顔を見せた。

 作品については、「架空の人物たちが架空の物語を生きていますが、真実が映っている瞬間を感じます。それは、日本の今の人たちの心の中を描いたものが、同時に世界の人たちが感じている普遍的なものにつながっているのかなぁと感じました」と話す西島。「3時間切りました」と上映時間に関する報告を受けたところ、実際は「2時間59分」に収まっただけだったという裏話も披露すると、「皆さん覚悟して観に行くと思いますが、あっという間。本当のものが映っているから、観客自身が没頭していくからだと思います」と見解を示した。一方で長尺であることに不安をぬぐえない西島は、「感覚的には……」と注釈をつけつつも「(上映時間は)1時間半です」と断言して報道陣を笑わせた。

 役者としての学びがあったことも打ち明ける西島。ひたすら本読みを続けたり、本編には含まれない役のバックボーンとなるシーンをリハーサルで行ったり、ある質問に対するキャラクターとしての答えを考えたり、「監督はいろんな作業を用意してくれた」そうで、「それは刺激的な体験。今後の別の現場でもやりたい作業でした。僕、本読みが好きになっちゃいました」と感謝した。

 この日は、三浦、霧島、濱口監督が同映画祭に参加することも発表された。主演ながら仕事の都合により不参加の西島は、「観客は世界中から来ていると思うので、反応がどうだったかを聞きたい」とリクエスト。濱口監督は、西島がほぼ全編通して出演していることから「西島さんあっての映画」と評すると、「この件に関しては、西島さんの事務所を恨みます。本当に残念。寂しい」とぶっちゃけ、会場の笑いをさらっていた。(錦怜那)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング