1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

バカリズム×篠原涼子!中村倫也・関水渚・岩田剛典・向井理ら共演コメディー『ウェディング・ハイ』来年3月公開

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年9月1日 7時0分

写真

ビジュアルも公開 (C) 2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

 バカリズムのオリジナル脚本を篠原涼子主演で映画化する『ウェディング・ハイ』が2022年3月12日に全国公開され、中村倫也、関水渚、岩田剛典、向井理、高橋克実が共演することが明らかになった。

 『ウェディング・ハイ』は結婚式を舞台にした群像コメディー。篠原は“絶対にNOと言わない敏腕ウェディングプランナー”の中越真帆にふんし、参列者らの思いが暴走してとんでもない方向へ向かう結婚式で、新郎新婦のために数々の難題を解決しようと奔走する。

 中村が若干流されやすい性格の新郎・石川彰人、関水が結婚式を心待ちにする天真爛漫な新婦・新田遥、岩田が花嫁を奪いに式に乱入しようとする元カレ・八代裕也、向井が披露宴会場に姿を現す謎の男・澤田紀昭、高橋が主賓挨拶に人生を懸ける新郎の上司・財津俊彦を演じる。撮影は今年3月から4月にかけて行われた。監督は『勝手にふるえてろ』の大九明子が務める。

 今回特報映像も公開され、くせ者ぞろいの結婚式で巻き起こるドタバタの大騒動を垣間見ることができる。以下、キャスト&監督のコメント全文。(清水一)

篠原涼子

バカリズムさんの脚本は、テンポが良くて面白く、スラスラ読めてしまいました。
私が演じさせて頂いた中越は、プランナーとして新郎新婦や、式に参列する皆さんを支えるという立ち位置だったので、あまり出過ぎないよう、キャラクターを守ってやらせて頂きました。
周りの皆さんが本当に個性的で面白い演技をされていて、撮影中でも笑いそうになってしまうくらいに楽しいシーンがたくさんあるので、ぜひ期待して頂きたいなと思います。

中村倫也

まず何よりバカリズムさんの脚本が面白くて。
自分の役については「新郎あるある」が多分に含まれているのかなあと、
そんな感覚を大切に少しずつ手繰り寄せました。結婚は墓場だ、なんて悲劇的な言葉もありますが、
この作品は間違いなく喜劇です。きっと新郎新婦のことも、また二人の式に関わった全ての人の未来も、
「幸あれ!」と願っていただけると思います。是非ご期待ください。

関水渚

私は大九監督の『勝手にふるえてろ』の大ファンであり、バカリズムさん脚本の作品に出演することが一つの夢でした。
こんなラッキーなことがあるのかとびっくりしましたし、とても嬉しかったです。
登場人物全員が生きることを楽しんでいる、とてもハッピーな映画です。
バカリズムさんの脚本が本当に面白くて、これは絶対素敵な映画になるなと思いました!
両親に大切に育てられた箱入り娘です。
周りの人に愛を持って接することのできる素敵な女性です。
先輩方やスタッフさんが皆様とても優しくて和やかな現場でした。
特に同級生役のみんなとは撮影中に本物の同級生くらい仲良くなり、とても居心地が良かったです。
撮影の時に感じた、とびきり楽しい気持ちが全部映像に映し出されているハッピーな映画に仕上がっています!
どんな年齢の方でも、どんな気分の方でも楽しんでいただけると思います。
ぜひ楽しみにしていてください!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング