1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

「梨泰院クラス」パク・ソジュン、マーベル・スタジオ映画に出演!正式発表

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年9月3日 18時49分

写真

パク・ソジュンがMCU入り! Han Myung-Gu / WireImage / ゲッティ イメージズ

 人気韓国ドラマ「梨泰院クラス」の主演で知られるパク・ソジュン(32)が、『アベンジャーズ』シリーズなどを製作する、マーベル・スタジオの新作映画に出演することが決定した。所属事務所が3日、公式サイトで発表した。

 所属事務所は「パク・ソジュンはマーベル・スタジオ映画に出演するため、本日午後に出国しました」と発表し、「パク・ソジュンの新しい挑戦に関心を持ち、応援してくださる多くの方々に感謝を申し上げます」とコメント。パクが出演する作品、演じるキャラクター、撮影地や撮影期間は追って発表されるという。

 1988年12月16日生まれのパクは、芸能高校を舞台にした学園ドラマ「ドリームハイ2」でドラマデビュー。日本版が現在放送中のドラマ「彼女はキレイだった」をはじめ、『悪のクロニクル』『ミッドナイト・ランナー』といった映画で存在感を発揮。Netflixで配信中の代表作「梨泰院クラス」では正義感の強い青年パク・セロイを演じ、多くのファンを獲得した。

 マーベル・スタジオは、作品同士が世界観を共有するマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を展開している。韓国からは、キム・スヒョン(クローディア・キム)が『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、マ・ドンソクが『エターナルズ』に出演しており、パクも彼らに続く形でMCU入りを果たす。現在、同スタジオの最新作として、アジア系ヒーローが活躍する『シャン・チー/テン・リングスの伝説』が日本公開されている。(編集部・倉本拓弥)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング