1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

マトリックス新章『レザレクションズ』予告編が初公開!ネオ&トリニティー再び

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年9月9日 23時26分

写真

『マトリックス』が復活! ネオが再び目覚める (C) 2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

 キアヌ・リーヴス主演の大ヒットアクション最新作『マトリックス レザレクションズ』の予告編が9日に初公開され、復活した『マトリックス』の新たな世界観の一端が明らかになった。

 『マトリックス』は、自分の生きる現実が、コンピューターの作った仮想世界だと知った主人公・ネオ(キアヌ)が、人類の救世主として戦いに身を投じるアクション大作。第4弾となる『レザレクションズ』は、18年ぶりの新作ながら、シリーズ3作目の『マトリックス レボリューションズ』(2003)ではなく1作目の続編になるという。

 キアヌに加え、トリニティー役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット=スミス、メロビンジアン役のランバート・ウィルソン、エージェント・ジョンソン役のダニエル・バーンハードが続投。前シリーズでローレンス・フィッシュバーンが演じたモーフィアス役には『アクアマン』のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ヒューゴ・ウィーヴィングが演じた宿敵エージェント・スミス役には『アナと雪の女王』のジョナサン・グロフを抜てき。そのほか新キャラクター役でニール・パトリック・ハリス、クリスティーナ・リッチらが出演する。

 2分52秒にわたる予告編は、長髪でひげを生やしたネオ(キアヌ)が、セラピストの男性に「夢とは思えない夢を見た」と語りかける場面からスタート。緑色のマトリックス・コードで作られた街や、見知らぬ敵との戦い、機械につながれた人間といったフラッシュバックに苦しむネオに、セラピストは「ここではよくある」と返す。街中でネオとトリニティー(キャリー)が再会するカットも登場するが、お互いに記憶がおぼろげな様子。彼らの身に何が起きたのか、謎が深まる。

 黒猫や大量の青いカプセル、「鏡の国のアリス」といった『マトリックス』を象徴するアイテムが次々に登場。後半ではさらに、ネオがモーフィアス(ヤーヤ)から赤と青のカプセルの選択を迫られるシーンや、道場での戦闘シーン、白ウサギのタトゥーの女性に付いていくカットなど、1作目をほうふつさせる映像が連続する。怒涛のアクションシーンに続いて、銃弾を止めたりロケット弾の軌道をそらす、ネオの覚醒を予感させる場面も。ラストはエージェント・スミス(ジョナサン)が「長い年月の果てに、始まりに戻ったのさ。マトリックスにね」とネオに意味深な言葉を投げかける。

 1作目で目覚めたはずのネオは、なぜ仮想世界に生きているのか。彼は人類の救世主ではなかったのか。再びメガホンを取ったラナ・ウォシャウスキー監督は、新時代に何を問いかけるのか。数多くのフォロワーを生んだバレットタイムなど、革新的な映像表現でも時代を変えたシリーズの挑戦に期待が高まる。(編集部・入倉功一)

映画『マトリックス レザレクションズ』は12月全世界公開

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング